古着について

ネクタイを買うなら古着屋で決まり!?エルメスが5000円で買える!!

更新日:

古着屋で買うべきアイテムは色々とありますが、その中でもお得感が特に強いアイテムである「ネクタイ」をご紹介したいと思います。

狙うべきお店などもご紹介!

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは!

上京ファッションブロガー兼古着屋店員の「服スケ(@hukusukeblog)」です!

今回は古着で買うべきエルメスのネクタイについてご紹介します!

 

古着で買うならエルメスのネクタイがおすすめ!

http://www.maisonhermes.jp/

社会人となると何かと使いどころの多いネクタイですが、何本も買っていると思ったよりも出費がかさんじゃいますよね。

ブランド物となれば尚更です。

特に、ネクタイのブランドで代表的な物と言えば「エルメス」がありますよね。

自社で一から作られたシルク(絹)を使った最高級品です。

新品で購入しようとすると一本2万円以上はするものばかり。

ちょっとお給料の良い社会人の方でも、小物に2万円も出すのは大変なはずです。

 

そんなワケでおすすめしたいのが、古着屋で買う「エルメス」のネクタイ。

かなり格安で購入することができるので、数本を買っておいて使いまわすこともできちゃいます!

 

古着屋でネクタイをオススメする理由

さて、古着屋でネクタイをオススメする理由ですが。

まず上でも言った「低価格」な事ですね。

古着だけあって安いのはもちろんなんですが、「状態の良い物が本当に多い」んです!

 

ネクタイは皆さん大切に使いますからね、あと肌に直接触れる物でもないですし、ほんと綺麗な物が多いんですよ!

勿論ネクタイにも多少のトレンドがありますから、今の時期はあまり大剣が太くない物を選ぶのがポイントです。(ラペルの太さによって変えるのが基本ですが。)

 

また、エルメスのネクタイは質が良いだけでなく、デザインも本当にかわいい物が多いんですよ!

特に人気があるのが動物柄!

可愛い動物が描かれていながらも、それを柄に見せることでやりすぎないネクタイはそれだけでオシャレです!

女性から褒められること間違いなしだと思いますよ!

 

僕はいままで、結構色なショップでネクタイを買ってきたのですが、これからは古着一択となりそうです!

 

ネクタイはブランド古着屋で探せ!

また、古着屋と言っても、ネクタイを探すべきはブランド古着屋です。

 

古着のネクタイってあまり見る人がいないせいなのが、ほんとにいい物がたくさんあり、売れ行きも良くない気がします。

いわゆる穴場と言うやつです!

 

また、個人的にオススメなのが「モードオフ」

 

エルメスやフェラガモのネクタイが選び放題!

今回僕が購入したのも「モードオフ」で買った物になります。

 

他のブランド古着屋さんもよるのですが、一番在庫が多いのが「モードオフ」だと思いますね!

もちろん店舗にもよると思いますが、ネットで検索してみてもいいかもしれません。

 

こちらからハードオフ(同系列店舗)のネクタイ古着へ飛べます↓

http://netmall.hardoff.co.jp/brand/549/30000017/20000084/10000412/

 

僕が購入したネクタイ

さて、今回僕が購入したのがこちらのエルメスのネクタイ!

実は近いうちに結婚式に参列することとなったので、そのためようの少しだけカジュアルなネクタイを欲していたんです。

ということで、ちょっとだけ目立つこの柄。

 

価格はなんと4500円(+税)でした。

大剣が8㎝と少々大きいですが、この辺りなら許容範囲かと思われます。

 

可愛いキツネとニワトリと雲が描かれていて、色合いと共にばっちり気に入りました。

遠くで見ると柄、近くで見ると可愛い絵っていうのがエルメスをオススメする理由でもありますから、もし買うなら、こういった物を選びたいですよね!

 

そしてシルク100%の証!!

 

そしてそして、小剣にはエルメスのロゴが!

スーツの小物に気を使える人ってなんだかカッコいいと思っちゃいます!

そう。だからカッコイイ男になりたくて・・・・。(笑)

 

終わりに

以上になります!

古着屋でネクタイを買うという選択肢、アリだと思いませんか?

このネクタイで4500円(+税)ですから、適当なネクタイを買っていたのが勿体なく感じる価格だと思います。(僕は何本か買っていたので、結構後悔しました。)

エルメスの絹は自社で蚕(かいこ)から生成し、色付けし手間暇をかけて作り上げた物です。

そんじょそこらのシルクとは出来が違うんですよ!

 

やっぱりエルメスは色の付け方、染色の仕方が群を抜いて綺麗らしいです。

そこには職人の気の遠くなるような手作業による物造りが影響しているんでしょうね。

 

それでは、以上になりますが、ネクタイを選ぶ時の参考になれば幸です!

それではまた。

 

-古着について
-, , , , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.