ファッション考察

【悲報】一生使えるコートと言われたPコートとダッフルコートがダサい件

メンズの定番アウターと言えば「Pコート」

5年程前まではそういわれていましたが、メンズのメインアウターから遠のいてしまった「Pコート」そして、「ダッフルコート」

人気が無くなってしまった理由などについての記事です。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

皆さんはご存知でしょうか?

今古着屋で、もの凄い勢いで売れ残っているアウターが実はPコート、次いでダッフルコートだということを。

 

最近では都内で着ている人が少なく、ほとんど見かけなくなりましたよね。

5年ほど前は「一生物のアウター」「持っておくべき定番アウター」「トレンドに左右されない」

などのうたい文句で雑誌に特集をくまれまくっていたアウター達だったのにです。

 

ダサいから人気がないのか?

と聞かれれれば、以前流行っていたのだからダサいというわけではないはずです。

 

では、なぜPコートとダッフルコートが売れなくなってしまったのか。

その理由を考えていこうと思います。

 

なぜ「Pコート」「ダッフルコート」が売れなくなってしまったのか?

https://fashion-basics.com/peacoat-dressing-1843

大定番だとされていた「Pコート」「ダッフルコート」が売れなくなってしまった理由。

様々な理由が考えられるでしょう。

 

トレンド遅れ

まず、一番の理由としてはトレンドが遅れているというのが考えられます。

そもそも「トレンド遅れ」というのはどういった状況で起きるのかと言うと、着ている人に飽きられた時です。

飽きて着なくなると、どんどん、トレンドから遠ざかっていきます。

服好きの間で流行るトレンドも、その人たちが飽きて着なくなるとトレンドが終わります。

最近だと「ハンティングベスト」などがその一つになりかけている気がします。

https://wear.jp/item/35891937/

こちらなどですね。(去年は都会を中心に流行りましたが、今年はどうでしょうか。)

 

逆に服好きの間だけにとどまらず大衆まで広がりを見せるトレンドもありますが、それらも大衆から飽きられる事で流行遅れになるんですね。

 

数年前に特集を組み過ぎてどこもかしこもPコートを着ている人だらけになりましたが、そういった大衆から飽きられてしまったのがPコートと言えるでしょう。

 

丈長めか丈短めがトレンドの為

また、現在のトレンドの大きな流れがオーバーサイズ。

大き目のサイズで着る服ですね!

数年前から続いているトレンドですが、まだまだ衰えず、サイズ感がさらにアップしています。

その影響もあって、アウターやコートなどは着丈長めの物がトレンド。

https://www.pinterest.com/pin/371617406750636735/

メンズでも膝下物がほとんど。

レディースになると靴につくくらい長めのコートもトレンドです。

 

また、丈長めのトレンドがずっと続いていることもあって、ジャケットなどは着丈短めの物が早いトレンドとして挙げられます。

https://item.rakuten.co.jp/foursense/d-m-r-a-f-mk3-jkt/

こういったインナーとの丈感の差を出した物が人気ありますね!(ちなみに上のブルゾンはMK-3と呼ばれるミリタリージャケットです。)

 

ということもあって、現在のトレンドは長めか短めの2択。

中途半端な丈感のPコートとダッフルコートは不人気と言うことです。

 

ステンカラーコートとチェスターコートが盛り上がっているから

https://zozo.jp/shop/revo/goods/45307286/

最近での冬アウターの主流と言えば「ステンカラーコート」と「チェスターコート」

理由は上でも述べているとおりサイズ大き目が流行っていて、オーバーサイズに着やすいからと言うのがあるでしょう。

また、ロングコートもかなり息の長いトレンドでもあると思います。

 

近くのセレクトショップなどに行ってみて下さい。

並んでいる物はこれらのコートか、春先ならトレンチコートといったアイテムばかり。

 

人気がない物は売れないと分かっているので、セレクトショップの品ぞろえを見れば一目瞭然です!

 

安いからお得?

と言うわけで、現在「Pコート」と「ダッフルコート」の人気がないというのは分かっていただけたでしょうか?

決してダサいからではないのです。

 

そして現在Pコートはどこの古着屋でも在庫が余りまくっており、かなり格安です。

Pコート定番ブランドである「FIDELITY(フィデリティ)」などですら5千円以下で出回っています。

https://www.roco2web.com/shopdetail/001001000269/

 

じゃぁ流行が戻ってくることを考えて、価格が下落している今購入するのがお得なのでは?

という考えもありますが、もう一度トレンドに戻ってくるときは、そのままのデザインで流行が戻ってくるとは限りません。

もしかすると、サイズ小さめが流行るかもしれませんし、どこかディテールが違う物が流行るかもしれません。

ですので、トレンドが戻ってきたときに購入するのが良いかと思います。

 

「トレンドなんか全く気にしないぞ!」

という方は買ってもいいかもしれませんけどね!

 

スポンサーリンク

終わりに

ということで、以上となります。

「Pコート」「ダッフルコート」の人気が落ちているというのがお分かりいただけたでしょうか?

Pコートとダッフルコートを否定するつもりはありませんが、今着ているとトレンド遅れだと思われてしまうかもしれません。

また、トレンド遅れの物を着ているとどこかダサく見えてしまいがちです。

ですので、今はこの2つを避けることをオススメします。

 

それでは以上になりますが、参考になれば幸いです。

ではまた。

-ファッション考察
-, ,

Copyright© Geeks(ギークス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.