ファッションの考え方

ファッションは年齢で変えるもの?変えないもの?

2015年2月24日

年齢を重ねるにつれて自分のファッションに悩みがか出てくるかと思います。

年相応とはどんなファッションなのか。

そんな話を共有していきたいと思います!

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

今回は年齢で服装は変えていくものなのか?

という点について個人的な意見を述べさせていただこうかと思います。

 

ファッションは年齢で変えるものなのか

https://curazy.com/archives/124407

ファッションにも色々な考え方がありますが、服装と言うのは基本的に他人に見せる物。

見られる物です。

 

もちろん、自分での好みもあるかと思いますが、その中には「人にどう見られたいのか」

という部分が大きく関わっています。

 

そして、歳を重ねるにつれて、自分をどう魅せたいかというのも変わってくるはずです。

 

「若く見せたい。」

「大人な雰囲気を醸せるようにしたい。」

「自分に気を使っているように見せたい」

と様々にあるはずですよね。

 

実は、

そのどれもが正解で、あなたが取り組むべきファッションなのです。

 

年齢で服装を変えるというより、自分をどう見せたいかの考えが変わったタイミングで買えていけばいんです。

考え方は歳を重ねると変わってくるので、服装もそれにつられて変わってくるはずです。

 

ずっと同じような服装でいいのか?

絶対にダメとは言いませんが、変えた方がいいでしょう。

 

考え方はずっと同じ「若く見られたい」だとしてもいつまでもカジュアルよりな服装では

 

違和感が出てきてしまいます。

 

どうしても年齢などによって似合う似合わないがでてきます。

しかし、若く見せれないというわけではありません。

歳を重ねるにつれて適度なカジュアルダウンが必要です。

 

カッコつけすぎない大人なファッションはカジュアルダウンが大切ですが、そのバランスです。

・帽子のカラーにパステルカラー等を選びカジュアルダウンさせる。

・見せ靴下をして柄のついたものを見せる

などのワンポイントのカジュアルダウンがバランスの取りやすいコーディネートになってくると思います。

 

自分の年齢を考えてフォーマルとカジュアルのバランスを調整しましょう。

大人はフォーマルよりの方が似合って見えますよ。

 

また、年齢を重ねると顔に独特なシワもできるし、髪の色なども変わります。

そういった中で合うバランスなども変わってくるので、その時の自分に合った似合う服を追求してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

それでもカジュアルなアイテムが好き

どうしてもカジュアルなアイテムが着たいのなら、一部をカジュアルにしてみたり、ダークトーンでまとめるようにしましょう。

そうすることでフォーマル感が高まってバランスを取ることが出来るかと思います。

年齢を重ねてファッションも変えていくのがファッションの楽しみでもあると思うので、変化を楽しめるといいですね!

 

参考になれば幸いです!

それでは!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッションの考え方
-, ,

© 2020 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5