ファッション考察

Margiela 買ったら偽物が届きました!コピー品の見分け方を教えます。

Margiela のシャツをネットで購入したところ、偽物をつかまされてしまいました。

今回は、偽物の写真を見てどういったところが怪しいのか、また本物と比べた時にどんな違いがあるのかを解説していこうと思います。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

先日ある有名通販でマルジェラのシャツを中古で購入したのですが、届いて開封してみるとどことなく違和感が。

よくよく細かい部分を見ると偽物だと判明しました。

 

偽物のレベルとしてはごくごく普通レベルか、少し粗悪な偽物になるかと。

ですが、一般的な目線でこの洋服が偽物かどうかを見分けるのは少し難しいですよね。

 

まず、有名通販から偽物が届くとは思わないはずですし。

 

ということで、今回は僕みたいに偽物を買ってしまわないよう、詳細の写真を掲載して注意喚起という意味でも発信したいと思います。

 

まず、偽物だったのがこちらの前身頃にボタンがたくさん付いたシャツ。

あまり見たことがないデザインだなぁと思いながらも購入しました。

 

まず、違和感を感じたのはこのボタン。

少し変わったデザインで、プラスチックのボタンとなっていました。

こういったデザイン性のあるボタンってマルジェラはあまり使わないんですよね。

 

そして、後ろからの4つタグの見た目。

こちらもマルジェラを多く見ている方なら違和感があると思うのですが、見えている糸の部分がかなり短めです。

古い物はバランスが悪い物はありますが、ここまで短く縫われている物はありません。

 

偽物か、糸がほどけた為自分で縫った物どちらかでしょう。

 

カレンダータグの文字はそこまでおかしなところはないですが、やはり糸の縫い付け方は通常の物ではありません。

 

しかしながら、全体を見ればわかるのですが、カレンダーの文字全体が少しだけ右にずれています。

これはかなり違和感のある個所。

これだけで偽物判定してもいいレベルだと思います。

 

いくつか偽物を見たことがあるのですが、カレンダーの文字が中央にない物はかなり高い確率でコピー品です。

正規品でここまでカレンダータグがずれていることはないと思っていいでしょう。

 

ここまで見て偽物だろうなぁと思っていたのですが、品質表示タグを見てより確信しました。

まず、縫い付け方がかなり不自然です。

洋服本体に製造段階で縫い込まれているように見せかけて、後から縫い付けています。

 

先にあった服にタグだけ縫い付けた劣悪なコピー品だとここで分かりました。

 

また、生産国表記が「チュニジア製」となっていますが、ェ の文字がおかしな文字になっていますし、そもそもエイズT以外でチュニジア製はほとんどなかったと思います。

日本語の表記がおかしくなっている物は偽物の判断材料になるので、怪しいと思ったらまずチェックするべきポイントです!

 

最後に極めつけは、一番下のブランド文字。

「MARIN MARGIELA」となっており、T の文字が抜けています。

流石にブランドがこんなミスをするはずがないので偽物確定ですね。

 

 

 

ということで、以上が偽物であると判断した材料でした。

あともう一つ確実に見分ける方法もあるのですが、それはブログでは書けない情報になっているのであしからず。

 

とはいっても、マルジェラのコピー品はこのくらいのポイントである程度判別可能です。

洋服のデザインを見ても見分けるのは難しいので、カレンダータグと品質表示タグを重点的に見てみると良いでしょう。

 

ポイントをまとめると

  • カレンダータグの文字が中央にあるか。
  • 4つ糸の縫い方がおかしくないか(参考程度)
  • 品質表示タグに変な日本語はないか、また誤字はないか。
  • 品質表示タグが後から縫われた物ではなく、製造段階から縫われている物か。
  • 型番でグーグル検索すると同じものがきちんと出てくるか。(古い物は型番で出てこないことが多いです。)

以上5つが偽物を見極めるポイントとして押さえておくと良いでしょう。

特に品質表示タグの誤字、脱字は他のブランドにも言える事なので、覚えておいて損はないですよ!

 

コピー品の完成度が限りなく高くなってきている今、中古品の扱いもだんだんと難しくなってきています。

メルカリなどの個人間でのやり取りも増えているので、こういった偽物に引っかからないよう十分に注意してくださいね。

 

偽物かどうか怪しい場合には、出品者の評価を見れば良い。というのも言えるのですが、出品者も偽物だと分からずに購入してしまっている場合も少なくありません。

ですので、こういったコピー品を買わないようにする対策は自分で持っておくべきだと思いますよ!

 

それでは以上になりますが、偽物(コピー品)を見極める上での参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッション考察
-, ,

© 2020 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5