ファッション考察

アパレルを盛り上げたい!こんな時代だからこそブランド古着を選ぶ。

2020年8月13日

アパレルの消費が今かなり落ち込んでいます。

アパレル業界の端の端にいる僕ですが、せっかくこの業種にいるので盛り上げていきたい。

そういう気持ちでデザイナーズやブランド古着の良さをお伝えするブログです。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

今アパレルの消費がかなり落ち込んでいるのはご存知でしょうか?

新型コロナウィルスが流行してから自粛が解除された今でも、アパレル全体でかなりの落ち込みが見られると言います。

 

僕自身古着屋で働いているのですが、肌感覚でかなりお客様が減っていると感じますし、売り上げももちろん前年比を下回っています。

週末の人通りがコロナ前と全然違いますから。

おのずとお店に入ってきてくれるお客さんも減ってしまって居ます。

 

僕が働いているお店はアパレルでは善戦している方だと思ってはいますが、それでも難しい状況でしょう。

 

世界ではもちろん、日本でもコロナの影響で色々な会社が倒産していますが、旅行宿泊、飲食に次いで倒産件数が日本で3番目に多いのがアパレルです。

この3つの消費の流れは繋がっているので、アパレルが営業不振となるのは当然と言えば当然。

 

外に出る機会も減れば服を買う機会も減りますし、旅行に行かないとなれば、旅行に向けて着る服も買わなくなります。

夜飲みに出かけないとなれば、お洒落な服も買わなくなるでしょう。

 

このまま自粛が続けば小さい企業からどんどん倒産が続くのは目に見えています。

事実、小さい企業だけでなくアパレル業界なら誰もが知る「ブルックスブラザーズ」や「レナウン」など、廃業のニュースが続いているのですから。

 

そんな中でアパレルはどう頑張るべきなのか、古着屋業界はどう頑張るべきなのか。

政府からのアパレルに対しての補助がない中でどう頑張っていくのが正解なのかを各企業は模索しているのだと思います。

 

今、アパレル業界の端の端にいる僕ですが、アパレル産業の為に何ができるのか。

大きなことはできなですが、このブログを読んでより多くの人が服や古着に興味を持ってもらうのが、僕にできることだと思っています。

 

もっと古着の良さ、デザイナーズの良さを伝えていきたい。

コロナ後のアパレル産業はユニクロや無印良品などのベーシックで生活溶け込んだブランドだけが残る時代が来ると言われていますが、僕はそんなの我慢できません。

 

ファストファッションを頭から否定するわけではありませんが、本当に作りこまれた洋服はファストファッションとは違った良さがあるんです。

 

面白くないブランドばかりが残って、デザイナーズが消えてしまう未来にならない為にも、本当にいい物をお伝えできるブログをずっと続けていきたいと思います。

 

また、もしベーシックなブランドばかりが溢れてしまった時代になっても、ブランドの古着、その中の名作と呼ばれるアーカイブ品は、より一層価値が出てくるのではないかと思っています。

 

現在でもブランド古着として高騰を続けているアーカイブ。

こんな時代だからこそ、今そういった古着を購入しておくのもいいのではないでしょうか?

 

近いうちにもそういったアーカイブと呼ばれる名作が高騰していく時代が来ます。

もちろん、価格が上がるからという理由だけでなく、本当にいい物が減ってしまった時代でも、心からファッションを楽しめるのはそういった物だとも思っています。

 

僕自身、ブランドのアーカイブ品や名作が大好きです。

偉大なデザイナーやブランドが作り上げた至高の洋服、今手に入れてみるのはいかがですか?

 

日本だけでなく、世界中から認められた逸品。そんな名作と呼ばれる服などをこれからどんどん紹介していきたいと思います。

 

自分が好きな事と、本当にマスな情報提供しかできませんが、これからのアパレル業界をより盛り上げられるよう少しでも貢献できればと思います。

それでは、また。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッション考察
-, ,

© 2020 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5