ファッション考察

【面接担当が教える】古着屋さんのバイトで受かるコツと面接に必要な事

古着屋さんでバイトをしようと思った時、まず面接はどうするべきか。

バイトに受かるコツと面接に必要な事を、面接担当を経験した経験談からお伝えしていきたいと思います。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

今回は古着屋のバイトの面接について!

僕自身、4年ほど前にいくつかの古着屋さんを面接させてもらって、その中から自分に合った現在の古着屋さんで働いています。

全部受かったわけではなく、もちろんいくつか落ちてしまったのですが、今思うと、当時こうしておけば…

と思う事はありました。

今の職場で働けて結果的には良かったと思っているんですけどね。

 

そして現在では、その職場で新規バイトの面接をさせてもらうこともあります。

その経験などから、「古着屋さんのバイトに受かるコツ」についてお伝えしたいと思います。

 

では早速見ていきましょう!

 

面接は5分前が一番適切で間違いない。(一番大事)

これが第一印象で一番大切なのですが、5分前に面接に赴くのが良いでしょう。

まぁなんにでも言えると思うんですけど、基本が大事ってことです。

 

5分前に面接場所に着くのではなく、5分前に店員さんに面接に来たと伝えるって感じですね。

 

面接予定時間を過ぎてしまうのはもちろんNGですが、早すぎるのも面接する側からすると意外と大変です。

スタッフが少ないお店だと、面接に割ける時間も少ないですし、他にやることがあるかもしれません。

 

5分前が早すぎず遅すぎずで完璧な時間だと思います。

 

お店の雰囲気に合っているか。

面接で一番に見られるのが

そのお店の雰囲気に合っているか

です。

 

正直一回の面接で完璧に性格までは読み取れないので、声のトーンだったり、服装だったりをよく見ています。

もちろん、古着屋なので他のバイトの面接よりも服装を見ることが多くなるでしょう。

その中で、お店の雰囲気に合っているのか。

そして、古着に関してどのくらいの知識を持っているのか。

を重点的に見ています。

古着の知識をどう重視するかに関しては、お店によりけりだと思いますが。

 

また、接客経験などをしている方が安心して雇いやすくなりますが、服装が合わないと感じると雇うのをためらってしまうお店もあるかもしれません。

 

ですので、面接を受ける前にまずは自分の服装をお店の雰囲気に近づけておくのが良いと思います。

受かった後で、ある程度自分の好きな服を着ればよいですし。

意外と、面接に来る前にお店に来たことがある人は少ないので、事前に下見をするだけで他のバイト希望者と差が付きます。

 

お店で服を買ったことがあれば、より面接の話が弾むかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

自分が何の服を着ているか知っておく

古着屋の店員さは知識豊富です。

その人がどんな服を着ているのかは、デザインを見ればすぐに分かる人もいるでしょう。

そして、会話の中で

「どんなブランドが好きなのですか?」

「そのTシャツはどこのですか?」

等の雑談に近い質問もあるかと思います。

 

その時に、自分の着ている服がどこの服かくらいはきちんと知っておきましょう。

特に古着なら、年代やどういった種類の物かなどは把握しておくと良いかと。

まぁ古着屋のバイトに臨むくらいなら大丈夫だとは思いますが、細かく説明するほうが、この人は服好きなんだなぁときちんと分かってもらえるでしょう。

 

聞いていない事まで話されると、ビックリされるかもしれないので、そこだけ注意です。

 

スタッフが本当に必要な時期と不必要な時期がある

これは半分どうしようもない事なんですが、スタッフが本当に必要な時と、そうでもない時があります。

スタッフ要らないのに求人出してるの?

と思うかもしれませんが、意外と出しっぱなしにしているお店もあるんですよ。

でも、大手の求人サイトは掲載にお金かかるので出しっぱなしにしている所は少ないかもです。

 

人手が足りているときには、即戦力になる本当に良さそうな人しか採用してくれません。

ですので、その場合は落ちてしまっても仕方がないと言えるでしょう。

 

それでもどうしてもその古着屋さんで働きたいんだ!

という方はチェーン店なども合わせて面接してもらうと良いでしょう。

 

そうすると、うちのお店が本当に好きなのかな?

と思ってもらって、採用されるケースがあるかもしれません。

 

自分をアピールするためには相手側のことも考えるとよい結果に繋がると思いますよ!

 

スポンサーリンク

受かりやすいシーズンはいつ?

シーズンを考えると受かりやすい時期はあります。

それが学生スタッフが卒業する4月より少し前。2月・3月頃ですかね。

 

学生が多いお店だと、卒業を控える人に変わって新しい人を雇い入れる必要があります。

そのため、2月・3月頃が一番募集を強める時期になるかと思います。

 

古着屋さんの内部事情などもあるので一概には言えませんが、他の時期よりも2月・3月の方が確実に募集枠が大きくなるはずです。

もちろん、その時期になると面接を応募する人数も増えると思うので、ライバルも増えますが上の項目をクリアしておくと受かる確率が高くなるでしょう。

 

可愛い・カッコいい方が受かりやすい?

顔は関係ありません。

インフルエンサーマーケティングを重視している所なら分かりませんが、古着屋さんでは顔よりも、元気でお客さんにきちんと接客してくれそうな人を選びます。

ですので、面接のときは笑顔ではきはきとしゃべりましょう。

どんな仕事の面接も同じですが、元気がある人を採用するのが基本なので、それさえ押さえていれば大丈夫です!

 

終わりに

以上、バイトで受かるコツと面接に必要な事でした!

まとめると、

・5分前に面接に来た旨を伝える。

・お店の雰囲気に合わせた服装で赴く。

・事前にお店の下見をしておく。

・自分の服装を細かく説明できるようにしておく。

・落ちた場合はチェーン店の面接も受けてみる。

・2月・3月の募集に応募する。

 

です!

古着屋さんの規模に関わらず、これらの項目だけでも抑えておくことで他人との差を付けられるかと思います!

 

現在コロナの関係もあって、経営が厳しいお店も多く、求人を出している所は多くないかもしれません。

ですが、急速にお店を拡大している大型チェーン店もあるのでそういった所を狙ってみるのもよいかもしれませんね!

 

それでは以上になりますが、古着屋さんのバイトを受けるうえでの参考になれば幸いです。

ではまた。

-ファッション考察
-, , ,

© 2021 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5