小物

おすすめの帽子ブランド紹介~ハット・キャップ・ニットキャップ~

更新日:

帽子づくりにこだわりのある帽子ブランドをいくつかご紹介。

今でこそ帽子好きな自分ですが、最初は帽子というものが苦手でした。

そんな昔の自分の様な、帽子に抵抗を感じる方にも被ってもらいたいブランドです。

以前にも紹介したことのあるブランドもありますが、まとめて5つほど紹介しようと思います!

スポンサーリンク

 

RACAL(ラカル)

http://blog.traffic-morelife.com/2014/12/02/8745/

2003年にスタートした日本の帽子ブランド。

ブランドコンセプトとして「被ってみたくなる帽子」を掲げていて、帽子好きから帽子ビギナーまでが被ってみたい物になっていると思います。

 

被りにくい要素である、デザイン性は極力排除していて、「被ることで分かる良さ」がある帽子になっています。

 

ユナイテッドアローズ/ビューティー&ユースなどで展開されています。

 

http://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods/16611652/?did=34248200

僕はこのブランドのニット帽が好きで結構着用しているのですが、被った時の頭のシルエットに違和感がありません。

帽子を苦手に思う人の理由って、鏡に映る帽子を被った自分に対する違和感なんです。

その違和感を感じない帽子って言うのは本当にすごいと思うんです!

 

価格も4000円程と割安なので、ニット帽を探している方には特におすすめですね!

 

これサイズ的には小さいので、頭のサイズが大きくて合わない方もいるようなので注意です!

 

またニット帽以外ですと、ベレー帽なども人気ですね!

http://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods/15114567/?did=32242698

シンプルでかなり使いやすい物なんじゃないでしょうか。

 

CA4LA(カシラ)

https://store.ca4la.com/

帽子のセレクトショップである「CA4LA」

そのセレクトショップの展開するオリジナルのアイテムがおすすめです。

 

ブランドコンセプトは「エンターテイメント」

雑誌やメディアへの露出もあるブランドとして有名です!

 

デザイン性のあるハットから、ベーシックなキャップまで色々な帽子を展開していて、エンターテイメントのテーマ通り選ぶのが楽しくなるアイテムになっています。

 

ウェブページでは社長自身が広告塔になり活動しているようです。

 

おすすめとしては「キャスケット」ですかね。

http://store.ca4la.com/item4549087628401/

僕も購入しましたが、後ろに被ればベレー帽のようにも見えて2wayで使えるアイテムになっています。

コチラの記事で紹介しています。

オシャレ上級者に見える!?メンズのベレー帽・キャスケットの着こなし方!

アイテム一つでオシャレに見せることができるアイテムって実はいくつかあります。 その一つがベレー帽。 そんなベレー帽の着こ ...

 

C-PLUS(シープラス)

http://www.c-plus.jp/about/

先日渋谷のステュディオスで初めて知ったブランド。

 

この記事でも紹介しています。

春から使いたい小物 サコッシュ・スニーカー・ベルト・帽子など

小物が使いたくなってくるこの頃。 良い小物ないかなぁと色々探していたので、気になった物を適当にご紹介します!! サコッシ ...

 

http://zozo.jp/shop/studiouslab/goods/17505942/?did=35450281

置いてあったニットキャップが値段の割に形もきれいで立体感のある少し固めの生地。

ラカルに続いて、良いなと思ったニットキャップです。

 

黒以外のカラーはデザインがバイカラーになっているので、好き嫌い分かれるかもしれません。

 

渋谷のキャットストリートにある本店にはまだ行っていないのですが、今度行ってみようと思っています。

 

Mighty Shine(マイティシャイン)

http://www.curious-coltd.jp/item/mightyshine-ms12aw008_black/

帽子が主役なのではなく、あくまでコーディネートの引き立て役として考えて帽子を作って下さるブランド。

こういったコンセプト大好きです。(笑)

 

帽子好きからしたらカッコ良かったらなんでもいいのかもしれませんが、あまり帽子を被らない人にしてみれば、主張しすぎる帽子って他人から突っ込まれないか不安なところがあります。

 

そんなメンズの帽子をこだわるところにはこだわって作っているのが分かるブランドだと思います。

 

このブランドで気になっていたアイテムがコチラ。

http://zozo.jp/shop/fredyandgloster/goods/17673766/?did=35647560

セレクトショップ「FREDY&GLOSTER」に置かれていたフラットバイザーキャップ。

ベースボールキャップほど深くないので、ストリートの雰囲気も薄いです。

また、生地に光沢感があり無駄な装飾もないので大人が被れるキャップなんじゃないでしょうか。

 

どうしても年齢が上がるとキャップから遠ざかるという話を聞いたので、そんな方にオススメしたいです。

 

KIJIMATAKAYUKI(キジマタカユキ)

http://fashioncore-midwest.com/tokyo_women/2016/%E5%A4%8F%E3%81%93%E3%81%9D%E9%A1%94%E5%91%A8%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%82%92%E2%98%85%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88%E7%89%B9%E9%9B%86%E2%98%85/

最後に一番好きな帽子ブランド「KIJIMA TAKAYUKI」を紹介します。

平田暁夫さんと言う世界的にも有名な帽子のオートクチュールデザイナーに師事し、独立した後「coeur(クール)」を経て「KIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)」をスタートさせました。

 

このブランドの好きな所はそのコンセプト。

デザイナーの木島隆幸さん自身があまり帽子を被らないそうで、この方自身が帽子を被る時の気恥ずかしさを気にしているようです。

 

この気恥ずかしさって帽子を始めて被る人はかならず感じる物じゃないかと思っています。

誰かに帽子の事を突っ込まれた時って気恥ずかしさを感じませんか?

 

そんな気恥ずかしさに真正面から挑んでくれているブランドなんです。

 

ということで、コーディネートに馴染んでくれて誰もが被りやすいアイテムを提供してくれるブランドなんです。

 

また、このブランドで有名なのがペーパーハットと言われるもの。

丈夫な紙素材でできていて、鞄にさっとしまえるような物になっているんです。

 

それ以外なら、自分としてはニット帽がおすすめ。

僕が一番好きな帽子がニット帽なのでニット帽ばかり紹介してしまっていますが、このブランドのニット帽が一番好きです。

 

http://zozo.jp/shop/estnation/goods/16610552/?did=34243696

生地にハリがあり、形がとてもきれい。

これ何年着用しても形このままなんじゃないかなと言うくらい崩れない雰囲気です。

今のところ3年くらい使っていますが、ずっと帽子一番手!!

 

ラカルやシープラスのニット帽と比べると値段は倍ほどしますが、それでも一番押したいニット帽です。 

 

終わりに

以上になります。

気になる帽子ブランドはあったでしょうか?

 

敷居が高く感じる帽子ですが、20代ならキャップ・30代ならバケットハット・それ以上の年齢の方は顔に貫禄が出てくるので、是非ともハットを被ってもらいたいです!

 

50代くらいの方のハットってどこかしびれるくらいオシャレな雰囲気を感じてしまうんですよね!

自分もそのくらいの年齢になったらバンバンハットを被りたいです!

 

また、最近帽子が増えすぎて置き場所に困ってます。

実は今日も古着屋で「coeur(クール)」のバケットハットが置いてあったのでほとんど迷わず買っちゃいました。

「クール」は上でも少し触れましたが、木島隆幸さんが木島道子さんと共同で立ち上げていたブランド。

このお二方は夫婦のようですね。

 

「kijimatakayuki」に惚れ込んでいる自分としては一つは持っておきたかったので即購入。

帽子のレパートリーがまた増えちゃいました・・・。

 

はまったら買いすぎる性分なのですが、今年はさすがに帽子の購入は控えたいです。

 

以上5つ紹介しましたが、帽子選びの参考になれば幸いです!

それでは!

 

 

 

-小物
-, , , , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.