ファッションの歴史 ファッション考察

ファッションの歴史を知ることで、今が見えてくる。ビームス40周年本を見て

更新日:

現在の街で見かけるファッションは、過去の積み重ねからできている物です。

最近ファッションの歴史を勉強していることが多いので、その方向から見たファッションについて、少し話を共有していけたらと思います。

ビームスの40周年本についても紹介します。

スポンサーリンク

 

こんにちは!

田舎から東京に引越してきた上京ファッションブロガーの「服スケ(@hukusukeblog)」です!

ファッションを楽しく、分かりやすく、トレンドフルにお伝えしています!!

 

今回の話はファッションの歴史について、ファッションが好きになってくると通らずにはいられないルートですね。

深みにはまるほど過去の事が知りたくなります。

あの時代に生きていたならなぁって!

 

実際に今のトレンドが知りたいなら東京のストリートを見ているだけである程度の雰囲気はつかめます。

でも昔ってどんなファッションをしていたんだろうって思いません?

 

僕今年で27になるんですが、ファッションが好きになったのは22歳のときで、トレンドなどをきちんと意志するようになったのがその1年後。

 

それ以前のトレンドって雑誌で見ただけ、聞いただけの話になります。

「百聞は一見に如かず」と言いますから、ストリートを歩くことでしか味わえない空気感があったんだろうなって思います。

 

その過程過程で、色んなファッションがあってトレンドがあり、今のファッションスタイルに繋がっているんだろうなって。

 

 

今年のトレンドでギークってあるじゃないですか。

 

コチラの記事で近年のトレンドについて詳しく書いています↓

2017年メンズファッションの最新トレンド予想と流行の着こなし予想!ギーク・レトロ・エクストリーム?

2017年のメンズにおけるトレンドの様相と流行の着こなしについて。 ギークスタイルやレトロ・エクストリームがトレンドのキ ...

続きを見る

 

そのギークトレンドですが、波はタッキートレンドから来ています。

そして、タッキートレンドはノームコアの反動から。

僕が肌で感じて知っているのはノームコアのトレンド辺りからです。

 

「究極の普通」と言う意味を持つノームコアでしたが、普通が分かっていなかった自分としては?が頭に浮かぶばかりでした。

 

そもそもこのトレンドは、モードや個性を出すファッションに飽きた、又はみなが個性を出し過ぎて逆に没個性になってしまったファッショニスタ達によって作り上げられたトレンド。

反動と言う名のトレンドから巻き起こった物なんです。

 

ですので、それまでのトレンドを理解していないと、なぜノームコアと言うトレンドが生まれたのか理解できる方はいないでしょう。

 

そういった意味で、「歴史を知ることは今のトレンドを知ることだ」と言えるんですね!

 

そして現在そのノームコアからもう一度個性を取り戻す、タッキーやギークにトレンドが流れているという訳です。

 

ここまでで、ファッションの歴史について少し興味が出てきましたか?

もちろんオシャレになるために絶対に知っていなければならない事、という訳ではないと思います。

よりファッションを楽しみたいといった時に知っておいた方が良いかなと思う程度です。

 

ちなみに、もし興味が出てきたというなら、この本がおすすめです!

 

 

最近常に持ち歩くくらいの愛読書!

ビームスの40周年を記念として発売された本ですが、ビームスが生まれてから40年間の東京のスタイルやカルチャーを細かく、色々な方の視点で掲載されています。

 

ビームスが作った物ではあるので、ある程度ビームス視点の部分はありますが、それでもこれ一冊で時代時代の雰囲気を感じ取ることができます。

 

この本の良いところは、写真だけでパパッと解説しているだけでなく、カルチャーとの結びつきやライフスタイルの影響を細かく書いてくれている事。

ファッションは服だけで語ることは不可能なカテゴリーであるだけに、たくさんの角度から見てくれる情報は本当に生きた情報だと感じました。

 

ファッションの歴史を知ることって意外と難しく、80年代のリバイバルなどと雑誌では言っていても、その時代を生きていない自分としてはいまいちイメージしづらいもの。

 

そんなイメージしずらい歴史を視覚的にも情報的にも今と結び付けてくれるありがたーい本です。

 

なんか本の宣伝みたいになっちゃいましたが、買えと言っているわけではないです!(笑)

ファッションを深く知りたいと思っている10代・20代にとっては歴史を振り返ることができるいい本ではあるという事です!!

 

 

僕は雑誌類を買う時はTUTAYAで吟味して、読み込みたい物だけ買うようにしています。

また、本読み放題のスタバとTUTAYAが合体したお店で読むことも多いです。

 

雑誌などは買わずともそういった読み方もできます。

服を買うために本を買わなければならないといった2重の消費は勿体ない。

できれば情報だけはお金をかけずに吸収したいところだと思います。

 

そういった情報をこのブログでずっと無料で公開し続けて行けたらなぁと思います!

最後は自分のブログの宣伝になっちゃいました!(笑)

 

今度自分の読んでいる雑誌と、どんなところを読んでいるかについて書こうかなと思います!!

 

 

以上参考になれば幸いです!

それでは!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッションの歴史, ファッション考察
-,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.