ファッションの考え方

「オシャレ」という言葉を使うほどオシャレでなくなっていく理由

2020年5月11日

「オシャレ」って言葉、アパレルの業界に入る前は使っていたのですが、いざ入ってみると全然使わなくなった言葉です。

なぜ「オシャレ」という言葉を使わなくなっていったのかについて改めて考えてみたいと思います。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

皆さん、「オシャレ」って言葉良く使いますか?

この言葉、使用用途は多くてファッション以外にも部屋だったり、料理だったりと色々ありますよね。

 

僕も以前はこのブログでもファッション用語として「オシャレ」って言葉はよく使っていたのですが、気付けば使わなくなっている自分がいる事に気付きました。

ブログタイトルにも最近は全然使っていません。

 

その理由はいくつかあるんですが、

「オシャレって言葉を使えば使うほどダサく感じるようになってしまった。」

からなんです。

 

男性と女性での「オシャレ」の受け取り方に違いはあると思うんですが、メンズでオシャレぶっている人ほどダサくないですか?

「俺ってオシャレじゃない?」って言ってる人がいたら、本当にオシャレでもオシャレに見えなくなってしまいます。

そう、オシャレって服装だけじゃないんですよね。

その人の言動やその服装に至るまでの過程も含まれているんだと思います。

 

狙ってるオシャレさより、身からあふれ出るオシャレ。

 

そうなんです、本当にオシャレな人って、オシャレぶってないんですよ。

自分が本当にいいと思う服を選んで、良いと思うように着こなしたらオシャレだった。

それが一番いいカッコよく見えるわけです。

 

このブログの僕も以前はそうだったのかもしれません。

「オシャレ」って言葉を多用して、「オシャレとはどんなものか」を語っていた部分も多少あります。

そんなブログってダサくないですか?

 

そう思い初めてから、自分が好きな「服」や「ファッション」をメインに発信することが多くなりました。

勿論、正直に言えばオシャレさは意識しています。

仮にもアパレルに務めているわけですから。

でも、そこでオシャレさは見せない方がカッコいい。そう思ってきたんです。

 

こういった理由もあって、このブログのメインタイトルも大きく2回は替えました。

6年程前のブログ作成当初は「オシャレ」ってワードでブログを育てていくかぁって思ってたのに大きな方向転換となってしまったわけです。

今更変えられないドメイン名の「オシャレファッション.com」はその名残なんですよ。(笑)

 

また、ブログの方向性を変えたのも、途中から自分自身がオシャレになりたいのではなく、服に詳しくなりたいという事に気付いたのも大きな理由です。

服やファッションって調べれば調べるほど面白いんですよ!

しかもそれが仕事に繋がればなお楽しい!

 

僕自身、服を買う時はオシャレな人から買うよりも、その服に詳しい人から買いたいと思うようになりました。

オシャレだけがファッションの楽しみ方じゃないんですよ!

 

だから、「服好きが発信するブログ」というスタンスが一番自分にぴったりの感じだと気づいたんですね!

 

ですので、この記事を読んでる方で「オシャレ」って言葉を自分自身に多用している方がいたら気を付けて下さい。

それは、自分をダサくしてしまっている原因かもしれませんよ!

 

ですが、一つ気を付けてほしいのは、自分以外に対しての「オシャレ」という言葉。

それは自分をダサくしてしまうことはありません。

 

人に対してオシャレだねって言ってあげるのはすごくいい事だし喜ばれることです。

オシャレだと言われて嫌がる人なんていませんから。

 

 

そうなんです。オシャレって言葉は自分以外に使う言葉なんです。

ぜひ、近くの人がオシャレなら言葉でそう伝えてあげましょう!

自分以外に使う「オシャレ」という言葉は、自分の価値を下げることはありません。

むしろみんながハッピーになれる言葉ですから!

 

使い方次第で大きく変わるのが「オシャレ」って言葉だと思います!

 

それでは以上になりますが、「オシャレ」と言う物を考えるうえでの参考になれば幸いです。(考える人いるのかな?)

ではまた。

-ファッションの考え方
-

Copyright© Geeks(ギークス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.