インポートブランド コーディネート方法 ボトムス

Nudiejeans(ヌーディージーンズ)の種類と特徴 種類別の着こなしについて

更新日:

ヌーディージーンズとはLEEの元デザイナーが独立して設立したスウェーデンの発祥のデニムブランドです。

シルエットが特に素晴らしいく種類も豊富にあります。

オシャレな人が履いているデニムとしても有名で、海外のスターもこぞって着用していますね。

そんなヌーディージーンズを初めての方に向けに種類別にまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

Nudie jeans(ヌーディージーンズ)について

ジーンズというのはカジュアルファッションにおいての定番中の定番。

誰もが履いた事のあるボトムスだと思います。

 

そんなたくさんのデニムブランドの中でなぜヌーディージーンズを押すのかというと、シルエットと履きやすさ、そして価格です。

 

ファッションにおいて、自分の体を綺麗に見せてくれるシルエットというのはオシャレの要因です。

ヌーディージーンズの種類にもよりますが足にピッタリくっついて下半身を綺麗に見せてくれるシルエットと、腰履きをしていないのにしているように見せる後ろポケットの位置(ローヨーク)が絶妙です。

 

履きやすさもピッタリフィットするデニムの中ではなぜこんなに履きやすいのかというほどです。

 

ヌーディージーンズは本格派デニムブランドよりも安価な生地を使っていますが、オーガニックコットンを使っており、環境にも配慮したこだわりのある生地です。

 

素材も大切ですが、それよりもシルエットに力を注いでいるということですね。

 

またデニムの値段はピンきりですが、高い物がオシャレだというわけではありません。

デニムは育てるという楽しみもあり、またそれがその人その人のカッコ良さの感性にも左右されます。

 

ボロボロのデニムでもそれが自分で育て上げたデニムとしてカッコイイデニムに仕上がっているということもありますが、誰もがカッコイイと思う物でもありません。

一種の自己満的要素でもあるのです。

 

ヌーディージーンズのコンセプトも「第2の肌」という表現をしており、穿きこんでもらうことをイメージして作られていますが、

ノンウォッシュを履きこんでから洗って、自分専用のデニムに育てていくのもいいですが、

ワンウォッシュくらいの加工が少ない方が、オシャレをするには使いやすいかと思います。

 

メンズとレディースの区別がなく、サイズ展開が豊富にあるので、その中から自分に合ったサイズを選ぶ事になります。

 

ヌーディージーンズを安く買うなら?対応が良い安全ネットショップを紹介

安くはないデニムブランドヌーディージーンズですが、できれば安く購入したいですよね。 今迄正規店でしか買ってこなかった自分 ...

続きを見る

 

Nudie jeans(ヌーディージーンズ)のシルエット別の種類

nudie

 

ヌーディージーンズには11種類のシルエットがあります。

上から細い順にシルエットの特徴です。

(色やダメージ加工などの種類はまた別です)

 

現在正規品として販売しているのもは11種類ですが、今まで展開された物すべて合わせると50種類以上あるそうです。(シルエットのみの種類)

 

TIGHT LONG JOHN(タイトロングジョン)

タイトロングジョン

photo by http://zozo.jp/

 

ヌーディージーンズの中で一番細いシルエット。

 

股上が浅くスキニーフィットでストレッチがかなり効いています。

男性にももちろん使えますが、スキニーデニム初心者には細すぎて違和感があるかもしれません。

女性にオススメの一枚になっています。

ロックミュージシャンが履いているデニムに近いイメージですね!

 

※2017ssで廃盤のモデルとなりましたが、店舗やネットでは在庫がまだあります。かなり細めのモデルとして人気だったものですので、欲しい方は早めの購入をオススメします。

 

 

TIGHT TERRY(タイトテリー)

https://item.rakuten.co.jp/upper-gate/46161-1016/

現行のヌーディージーンズの中で最も細いのがこのモデル。

タイトロングジョンと比べても裾幅やわたり幅などが1㎝近く違いがあるので、歴代の中でも最も細いモデルかもしれません。

2017秋冬からの新モデルで、タイトロングジョンに代わり、ヌーディージーンズで最も細いスキニーとなるでしょう。

細い順と言っておきながら前後してしまいましたが、こちらが一番細いと思ってもらっていいでしょう。

しかしながら、タイトロングジョンと比べると股上が浅すぎない作りなので、シルエット的にはスキニーリンに近い物になっているかと思います。

 

 

SKINNY LIN(スキニーリン)

photo by http://zozo.jp/

股上はノーマルで、ヒップから膝にかけてフィットするシルエットになっています。

サイズ表を見てみると、裾周りの細さはタイトロングジョンよりも細く、腰回りはハイカイと同じくらいですね。

より腰履きに見えるようにウエスト部分のディテールを変えているようです。

 

 

HIGH KAI(ハイカイ)

ハイカイ

photo by http://zozo.jp/

このモデルもかなりタイトなシルエット。

TIGHT LONG JOHN(タイトロングジョン)よりもストレッチが効いている印象です。

裾の絞りはシルエットの中で一番効いていますね。

 

こちらは股上が深いスキニーデニムになっていて、ローライズが苦手な人にはオススメです。

 

 

TUBE TOM(チューブトム)

チューブトム

photo by http://zozo.jp/

HIGH KAI(ハイカイ)よりも股上が浅く、TIGHT LONG JOHN(タイトロングジョン)とHIGH KAI(ハイカイ)の間くらいをイメージしてもらえたらいいと思います。

こちらもタイトフィットのスキニーデニムですが、上の2つよりはスタンダードなシルエットです。

 

スタンダードなシルエットなのでクセがなく合わせやすいのが特徴です。

 

細いスキニーデニムが欲しいという初心者の方に持ってこいのモデルではないでしょうか。

 

 

TAPE TED(テープテッド)

テープテッド

photo by http://zozo.jp/

ヌーディージーンズ一番人気のTHIN FINN(シンフィン)をアレンジしたモデルになっており、ヌーディージーンズの入門としてもオススメです。

バックヨークを長くとり、股上を深めにしてあります。

 

腰回りを広く、そして裾に向けてテーパードしているのでかなりメリハリの効いたシルエットになっていてるので、色々なコーディネートに合わせやすのではないでしょうか。

 

バックポケットも下に位置しているので、腰履きをしているように見える仕様です。

 

 

THIN FINN(シンフィン)

シンフィン

photo by http://zozo.jp/

 

ヌーディージーンズの中で一番人気のシルエットです。

 

今では定番となったスキニーを広めたモデルの一つでもあります。

 

股上はやや深い程度のルーズさ、そしてテーパードが効いた裾のタイトさが合わさって絶妙なシルエットです。

特に後ろ姿は「自分のスタイルってこんなに良かったっけ」と思うこと間違いなしです。

 

ヌーディージーンズ一着目にオススメです!!

 

 

GRIM TIM(グリムティム)

グリムティム

photo by http://zozo.jp/

ヒップから膝まではストレートで膝下からテーパードしたシルエットになっています。

程よい細さなのでスキニーに抵抗がある方や、細めのストレートを探している方には丁度いいのではないでしょうか。

骨格が良いひとでも履けるスリムフィットのモデルですね!

 

 

LEAN DEAN(リーンディーン)

http://zozo.jp/

グリムティム同様ヒップから膝まではストレートで余裕を持たせてあり、膝下からテーパードがかかったシルエット。

膝下のテーパードをきつくすることで、すっきりした印象があります。

新しい定番となりつつありますね。

2017年ではシンフィンよりも人気のあるモデルとなってきているようです。

 

 

SLIM JIM(スリムジム)

スリムジム

photo by http://zozo.jp/

ストレートのシルエットで、人気のモデルです。

スリムなストレートシルエットは太すぎず細すぎずなコーディネートに合わせやすいモデルになっています。

ストレートのデニムが欲しい方にはオススメの一枚です!

 

 

BOOT BEN(ブーツベン)

http://zozo.jp/

股上深めで、裾が広がっているいわゆるブーツカットのシルエット。

ブーツカットは一昔前のトレンドだったので、今は下火ですが、やはり足長効果はありますよね。

デニム好きなら一枚は持っておきたいシルエットでしょう。

 

 

SHARP BENGT(シャープベン)

シャープベント

photo by http://zozo.jp/

ここからは若干太めのデニム。

スリムすぎず太すぎず、少しだけテーパードが効いた綺麗なシルエットです。

少しだけルーズに見えますが、腰履きしても綺麗に見える作りになっています。

 

 

LOOSE LEIF(ルーズリーフ)

http://zozo.jp/

かなりルーズなシルエットで、股下からストレートのワイドパンツデニムになっています。

近年のビックシルエットブームからも使いやすそうなシルエットですね。

一枚あるとコーディネートの幅が広がりそうです!

 

 

HANK REY(ハンクレイ)

ハンクレイ

photo by http://zozo.jp/

ヌーディージーンズらしいテーパードシルエットではなく一般的なストレートのシルエット。

 

太すぎず細すぎずで股上が若干浅く、すっきしたシルエットで洗練された一枚になっています。

 

スキニーデニムやテーパードシルエットが苦手だという人にオススメです。

 

形の綺麗さはやはりヌーディージーンズのテイストが感じ取れるところだと思います。

 

 

STRAIGHT ALF(ストレートアルフ)

ストレートアルフ

photo by http://zozo.jp/

テーパードの弱いレギュラーストレートジーンズ。

程よくゆるいそのシルエットは履く人を選びません。

 

ただゆるいだけではなく、独自のシルエットで上品なスタイルでコーディネート出来ます。

 

大人男子にオススメですね。

 

 

AVERAGE JOE(アベレージジョー)

アベレージジョー

photo by http://zozo.jp/

ヌーディージーンズの中では一番太いモデルになります。

くせのないすっきりしたストレートで足の太さが気になる人にも安心です。

ジャケパンスタイルに無理なく合わせられるデニムになっているので、

使い勝手がかなりいいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

種類別オススメの着こなし

 

タイトロングジョン・スキニーリン・ハイカイ

この2つのモデルはかなり細めのモデルです。

スキニーが苦手な人はやめておくべきかと思いますが、Yラインシルエットを上手く使うとオシャレなコーディネートに出来るかと思います。

 

バランス

photo by http://street-fashion-snap.com/

 

タイトロングジョン着こなし

photo by http://zozo.jp/

 

このようにトップスにボリュームがある物を持ってきてボトムスに細いこの2つのモデルを持ってくる着こなしがオススメです。

色はブラックのを使うとよりメリハリがついてよいかと思います。

 

 

チューブトム・テープテッド・シンフィン

ヌーディージーンズの中でも定番のスキニーデニム。

細すぎず綺麗なシルエットが特徴でどんなスタイルにも合わせられる着回しの良さがあります。

ブラックもオススメですが、ノーマルにインディゴデニムでもいいと思います。

 

シンフィン着こなし

photo by http://zozo.jp/

 

ノームコアwindow

photo by http://zozo.jp/

 

Tシャツ一枚でも様になりますし、何気ないコーディネートでも綺麗に仕上がります。

最初の一枚はやっぱりこのうちのどれかにすべきですね!

 

 

グリムジム・リーンディーン・スリムジム

少しテーパードがかかったストレートデニムのこれらのモデルはノームコアのファッションにはベストマッチです。

シンプルに着こなしてデニムで他の人との差をつけられるでしょう。

シャツと合わせるのがバランスが整うのでオススメです。

 

ぬー1tumblr_n9n0cmUKkZ1r66csno1_500[1]

photo by http://street-fashion-snap.com/

このような着こなしがベストではないでしょうか!

 

ブーツベン

最近では見かけなくなったブーツカットの着こなしですが、もし挑戦したいのなら靴と同色で合わせてあげるといいでしょう。

https://jp.pinterest.com/t_msk123_t/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88/

かなり足長に見える着こなしではありますね!

 

シャープベント・ルーズリーフ・ハンクレイ・ストレイトアルフ・アベレージジョー

これらのモデルはルーズなシルエットなのでAラインを意識してコーディネートするのが良いでしょう。

 

aライン2

photo by http://street-fashion-snap.com/

 

Aライン

photo by http://street-fashion-snap.com/

 

上下をゆるくしてしまうとルーズ過ぎるファッションになってしまうので注意しましょう。

このくらいのバランスがベストです!

 

(すべての画像がヌーディージーンズというわけではありません)

まとめ

ヌーディージーンズ全種類の特徴と着こなしを説明しましたが、お気に入りは見つかったでしょうか。

一番のオススメは着回し力抜群のシンフィンのブラックですが、他のモデルもシルエットがとても綺麗です。

 

デニムにシルエットでプラスアルファのオシャレを与えてくれるアイテムは限られています

 

そして、履くだけでオシャレに見えるデニムというのもあまりないものです。

シルエットにこだわったヌーディージーンズをぜひ一度履いてみて下さい。

 

ヌーディージーンズを安く買うなら?対応が良い安全ネットショップを紹介

安くはないデニムブランドヌーディージーンズですが、できれば安く購入したいですよね。 今迄正規店でしか買ってこなかった自分 ...

続きを見る

 

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)THIN FINN(シンフィン)のサイズ感をまとめてみた

このブログで一押しのボトムス、ヌーディージーンズ、シンフィンのサイズをまとめてみました。 ちなみに管理人はTHINFIN ...

続きを見る

 

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) Thin Finn(シンフィン)の着こなし

このブログでボトムス(ズボン)の定番として扱っているヌーディージーンズですが、 そのおすすめモデルシンフィンの着こなしに ...

続きを見る

 

デニムの膝が出る・ポコッとなる・伸びる・抜けるのを治す方法とは?

デニムやチノパンなどによくある「膝が出る」という状況。 その改善方法と直し方について。

続きを見る

 

-インポートブランド, コーディネート方法, ボトムス
-, ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.