着こなしのコツ

メンズファッション基本のシルエット Aライン・Yライン・Iライン

2015年2月16日

コーディネート全体を見たときのシルエット。

これはそのファッションの雰囲気を左右します。

今回の内容は初心者必見の基本的内容です!

 

シルエットとは

シルエットと言うのはコーディネート全体の見え方の事です。

シルエットと単体で言うと白黒で表現されることも多いですが、ファッションに関して言うと色味や素材感などもそのシルエットに影響してきます。

そうした全体の印象を見た時の見え方をシルエットと呼ぶと良いかもしれません。

 

シルエットの種類

現在ファッション用語としてよく使われているシルエットは大きく分けて3種類あります。

Aライン・Yライン・Iラインの3つですね。

これはコーディネートにおけるシルエットをアルファベットに見立てて3つの文字で表します。

 

この発想はあの有名なハイブランドである「DIor」。

そのデザイナーであるクリスチャンディオールがコレクションで発表した「Hラインコレクション」そして「Aラインコレクション」「Yラインコレクション」を基にしたものでしょう。

https://www.vogue.com/article/christian-dior-archival-looks

 

コチラの画像は「Aラインコレクション」の物になりますが、今見てもほんとうに完成度が高く、このラインのファッションが現代でも息づいている理由が分かります。

 

それでは、その発想をメンズファッションに落とし込んだ着こなしを画像と共に見ていきたいと思います。

 

Aライン

 

https://oyajikaikaku.com/natuwaidosuzusi/

 

Aラインシルエットとは、

 

トップスが細くボトムスが太いシルエットです。

 

幅広い着こなしに用いられ、メンズ・レディース共に人気があります。

 

アメカジなどでも用いられ、少し太目のデニムにジャストサイズ気味のTシャツという合わせが定番ですね。

右上の画像などがレディース気味な着こなしではありますが、足が長く見え、スタイルが良く見える着こなしになります。

 

日本人はこのように、少しフォーマルなアイテムを組み合わせがいいと思いますよ!

 

Yライン

 

トップスが太くボトムスが細いシルエット。

 

ロングコートなどを使う事で作れるシルエットです。

太いだけでなく、面積も考えるとシルエットは理解しやすいかと。

 

このシルエット冬場に頻繁に使う物で、簡単にスタイル良く見せることができます。

 

オシャレに見せるにはオススメのシルエットですね。

 

Iライン

 

https://sakidori.co/article/31207

Iラインとは、

トップスとボトムスが同じような太さのシルエット。

基本的にはトップスもボトムスも細身のシルエットです。

 

3つのシルエットの中で一番分かりやすく、実践もしやすいかと思います。

サイズ感はもちろんですが、色味、またはシンプルなアイテム選びもIラインを着れに見せるポイントではあります!

 

細みの男性なら簡単に様になるシルエットなのですが、ちょっとだけ注意してほしいのが、太っている男性の方。

どうしても上下細目ですっきりとしたシルエットを求める着こなしなので、色選びやアイテム選びがシビアになってくるでしょう。

ですので、そういった方はこのシルエットを無理に試す必要はありません。

自分が似合うシルエットを選ぶというのも一つの選択肢ではありますよ!

 

夏場に多くなってしまう着こなしではありますが、他のシルエットよりもシンプルで女性ウケが悪いという事はまずありません。

かなり取り組みやすいシルエットだと思います!

 

スポンサーリンク

終わりに

 

Aライン

Yライン

Iライン

シルエットにつてでした!

 

一番オシャレなシルエットと言うのはありませんが、コーディネートするときに頭に入れておくのがいいかと思います。

 

あえて言うならYラインシルエットはオシャレに見せることができる一番の近道かもしれません。

 

Yラインが一番簡単に雰囲気が出ますからね!

 

以上参考になれば幸いです!

それでは!

-着こなしのコツ
-, , , , ,

Copyright© Geeks(ギークス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.