トレンド

2019年最も早いトレンドはパワーショルダー・ブーツカット・クッション??

投稿日:

2019春夏に少しづつ見かけるようになったトレンドをご紹介。

かなり早いトレンドで、まだまだ浸透してはいませんが是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは!

上京ファッションブロガー兼古着屋店員の「服スケ(@hukusukeblog)」です!

 

今回は久々にトレンドについて。

かなりコアなトレンドを取り上げてみていきたいと思います。

 

コアなトレンドとマスなトレンド

まず、コアなトレンドとコアじゃないトレンドについてお伝えしようと思います。

トレンドといってもその数や種類は様々。

アウターはオーバーサイズだったり。

シャツはオープンカラーだったり。

パンツはスキニーだったり、逆にワイドだったり。

これら全て今市場で見られる物はトレンドと言ってもいいでしょう。

 

その中でかなり広い世代・地域に浸透した物を定番と言います。

 

スキニーデニムなどはすでに定番化しているアイテムと言ってもいいですよね。

数年前まではレディースが履くようなパツパツのパンツをメンズが履いていると気持ち悪がられた物ですから。

それが今では、街を見渡せばスキニーを履いている男性がいっぱいです。

 

ワイドパンツなども都内やファッションに興味のある層には定番化していますが、それでもまだ地域によっては「昔のボンタンの様なパンツ」と揶揄されます。

それだけファッションには地域格差があるとも言えますが、トレンドがまだまだ定着していない証拠でもあるのでしょう。

ですので、まだ定着はしていないが、着ている人が目立ってきている物。

そんなワイドパンツなどが今のトレンドと言えるアイテムでしょう。

 

では、そのワイドパンツをコアじゃない、「マスのトレンド」とします。

するとコアなトレンドとはどういった物を表すのか・・・

それがファッション好きの中でもまだまだ浸透しきっていない、新しい着こなしやアイテムなんですね。

 

ということで、今から紹介する2つが今ファッションアディクトが取り入れているファッションです。

 

肩パット入りのアウター「パワーショルダー」

左からバレンシアガ・ジバンシィ・セリーヌ

ここ最近、メンズ・レディースのコレクションで多く見かけるようになってきたのが、この「パワーショルダー」です。

80年代・90年代のスーツに使われていたような肩が強調される服の事ですね。

上のルックは全て19awの物。

これらがここ最近、ルックで多用されており、トレンド復興の兆しがあります。

とはいってもかなり前衛的な着こなしなのは間違いありません。

まだまだ見ていて違和感が先行しちゃいますしね。

 

今年から急に取り入れられるといったファッションではありませんが、間違いなくトレンドセッターは取り入れていくでしょう。

現に渋谷などでは今年の春、チラホラ見かけました。

 

また、古着でも80s~90sの yohji yamamoto やY's for men の肩パットが入ったセットアップが多く並ぶようになったように思います。

トレンドのリバイバルが進んでる証でしょう。

いきなり取り入れるのは難しいトレンドですが、若干肩パットが入っているようなセットアップから手に取ってみるのがおすすめです!

 

ブーツカット・クッションを取り入れたパンツ

左からバレンシアガ・ヴェトモン・オフホワイト

ブーツカットを取り入れたファッションがレディースの間でかなり流行しています。

数年前はNGファッションのひとつとして挙がっていたものが逆に最先端のオシャレとして取り入れられるのですから面白い物ですよね。

 

また、ブーツカットと言えばデニムの印象ですが、今のトレンドはどちらかと言うとスラックスのブーツカット。

サラッとした素材をなびかせるように歩くのが今年っぽい着なしと言えます。

 

https://casafline.com/products/detail/code/1184303049

こういったかなり裾広がりの物も見かけることが多くなりました。

身長170cmくらいの女性が似合うようなスタイルな気もしますが、ブーツカット自体には足長効果もあります!

といっても、メンズがここまでのブーツカットを取り入れるのはまだ難しいかもしれませんね。

 

もうひとつ、ブーツカットと相まってトレンドとなっているのが、裾にクッションを付けて履く着こなしです。

上のトレンドセッターであるバレンシアガ・ヴェトモン・オフホワイトの3つのブランドも裾を余らせたルックが多く見られました。

 

https://www.wwdjapan.com/815511

オフホワイトのデザイナーでもあるヴァージル・アブロー氏もコレクションの最後に裾を余らせた着こなしで登場しています。

メンズにはブーツカットよりも、こういったデニムやチノパンの裾を余らすスタイリングがおすすめですね!

 

しかしながら、都内じゃないとまだ浮くレベルのイノベーターやアーリーアダプターのトレンドです。

ですので、まだ早すぎるトレンドだと感じる方は、ストレートパンツの裾を余らすくらいがちょうどよいトレンドに感じるのではないでしょうか?

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

この2つのトレンド、どちらかと言うと海外ブランドから流れてきたストリートよりのトレンドです。

30代以上の方には取り入れるのも多少抵抗があるかとは思います。

ですが、裾を余らせたパンツはクロップドパンツが主流の現在ではかなり差別化が図れる着こなしです。

差別化が全てではないですが、ちょっと人と違った着こなしを取り入れたい人は試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、トレンドを考えるうえでの参考になれば幸いです。

ではまた。

-トレンド
-, , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.