アイテム紹介

【普段着で使える!】格安で手に入るミリタリーアイテムをご紹介!

ファッションとして受け入れられている本格ミリタリーアイテム。

ヴィンテージなどがクローズアップされがちですが、デットストックで手に入る最近のミリタリーアイテムも良品がたくさんあります。

そこで、今回は低価格で現代のファッションアイテムとしても使いやすいアイテムを中心にご紹介していきます!

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

本格ミリタリーアイテム、皆さんはお持ちでしょうか?

最近では、メンズだけでなくオシャレなレディースの方たちもこぞってコーディネートに取り入れていますよね。

 

ではなぜ、ここまでミリタリーアイテムが人気なのでしょうか?

そしてなぜ僕自身が本格ミリタリーをおすすめするのか?

 

まずはそちらをご説明していこうと思います。

 

本格ミリタリーがオススメな理由

軍卸物の本格ミリタリーをおすすめするのには大きく2つの理由があります。

 

オススメな理由

ブランドが出すミリタリーアイテムは本格ミリタリーのコピー

コスパに優れている

 

ですね。

 

ブランドが出すミリタリーアイテムは本格ミリタリーのコピー

まず、ブランドが出すミリタリーテイストのアイテムは大体が本格ミリタリーを模したものになっています。

現代のすべての洋服に源流があるので、ミリタリーアイテムだけの話ではないのですが、特にミリタリーは分かりやすいコピーが多いですよね。

 

まぁコピーという言葉は聞こえが悪いので、「インスピレーションを受けて」だったり「サンプリング」といった言葉には置き換えていますが。

 

現代風にアレンジしたり、違う要素を付け加えたりと、ファッションとして着やすい洋服に昇華されてはいます。

ですが、戦闘のために無駄を排除してミニマムに作られたミリタリーアイテムの完成度は服として優れている物です。

 

優れているからこそ、色々なブランドがサンプリングし、それを基に洋服を作っているんですね。

 

ですから、サンプリング元のミリタリーアイテムを普段着に使うというのは全く間違っていない考えだということです!

 

コスパに優れている

希少性が高まってきているヴィンテージミリタリーを除いてになりますが、軍卸物の本格ミリタリーの特出すべき点はその安さ。

軍に支給するはずだった服・または支給され服で余ったものなどが民間に払い下げることによって、僕たちはミリタリーを手にすることが出来ています。

 

そんな軍支給品は大量生産の為製造価格も安価ですし、高額で払い下げることもありません。

その為一般的な既製服よりも価格が安く販売されています。

 

2つを要約すると、ブランドにサンプリングされるほど優れたアイテムが低価格で買えるということです!

 

 

おすすめのミリタリーアイテム

ということで、さっそくおすすめのミリタリーアイテムを紹介していきましょう!

比較的最近のコスパのいい物を中心に紹介します!

 

スウェーデン軍 M-59コート ボアライナー

https://store.shopping.yahoo.co.jp/waiper/wip-18121810.html

去年から大流行していたのが、このスウェーデン軍のボアライナー。

通常、コートの内側に取り外しができるライナーとしてついているのがこちらのアイテムになります。

 

それを一着で着るという提案が去年は多く見られましたね。

特にレディースの間では一つのブームにもなっていたように思います。

 

コートのライナーなので、かなり厚みがあり温かいアイテムです。

少し大きめに肩を落として着るのがオススメですね!

 

 

米軍 リップストップジャケット BLACK357

https://item.rakuten.co.jp/auc-waiper/10005964/

リップストップと呼ばれる軽量かつ破れにくい丈夫な生地で作られた夏用の薄手ジャケット。

アメリカ軍のSATが実際に使用していたもののようで、正式名は「COAT,HOT WEATHER BLACK 357」になります。

 

ミリタリーでブラックのアイテムはそこまで多いというわけではないので、かなり着回しも効き、なおかつ本物のミリタリーだと思われることも少ないでしょう。

 

それでいて価格は7000円ほど。

下手なセレクトオリジナルを買うよりよっぽどいいライトアウターです。

 

 

フランス軍 F-1 ジャケット

https://store.shopping.yahoo.co.jp/waiper/france-f1-jkt-1-timesale.html#&gid=itemImage&pid=11

フランス軍のミリタリーの中でも日本市場に多く出回っているのがこちらの F-1 ジャケット。

ヘリンボーンの丈夫な生地感と胸元の縦ジップが特徴的な一着です。

 

肩にはエポーレットがついており、ミリタリーすぎる見栄えにはなってしまうかもしれないので、ボトムに綺麗めなスラックスなどを合わせると、今っぽい雰囲気で着こなせるかと思います。

ジャケットとしてはかなり価格が安いので、ミリタリーアウターのお試しにおすすめです!

 

 

チェコ軍 コックパンツ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/seabees/13101091.html

チェコ軍も近年のミリタリーブームで注目されている軍のひとつ。

良品が色々とあるのですが、こちらのコックパンツもおすすめです!

 

最近トレドであるシェフパンツに近いワークなアイテムでもあります。

軍の中のコックさんが使っていたようなアイテムということです!

 

ウエストにドローコートがあるイージーパンツ仕様となっているので、少し多きめでも着用することができます。

ですので、ワイドパンツのように少し大き目でダボっと着るのがいいですね。

 

サイズ欠けが多いようですが、後染めなども探すといいサイズが見つかるかと思います。

 

そしてなんといっても価格が3,500円という驚きのプライス。

大き目カーゴパンツがトレンドの今、こういったミリタリーテイストのパンツをワードロープにそろえておくと着こなしの幅が大きく広がりますよ!

 

 

スポンサーリンク

番外編

では、続いて軍が下したそのままの物ではなく、少し手を加えてより普段着として使いやすくなったアイテムをご紹介します。

 

スウェーデン軍 M-59 後染め

https://item.rakuten.co.jp/auc-waiper/wip-20041407/

こちらは、スウェーデン軍の中でも人気のある M-59 を黒に染めた一着です。

グリーンの色味そのままでもかなりいいコートなのですが、ブラックにすることでより使い勝手が増していますね!

画像のようにチンストラップを付けて首元まで閉めると、より雰囲気があってよりかっこいいです!

 

この時期にオススメするのもあれなのですが、冬場には間違いなく大活躍する一着です。

かなりファッション上級者な着こなしができると思いますよ!

 

 

フランス軍 F-1ジャケット BLACK染め

https://item.rakuten.co.jp/auc-waiper/wip-20012413/?tag=maftracking7889-22&linkCode=ure&creative=6339

また、こちらは上で紹介したフランス軍 F-1 ジャケットの後染め品。

ブラックになるだけで大きく雰囲気が変わりますよね。

 

普通の F-1 もいいのですが、実際 F-1 ジャケットは市場に出回っている数も多いので、黒染めを選ぶことで差別化が図れます!

そして、後染めをしているのに価格が1000円ちょっとしか変わりません。

 

ミリタリーをより一層普段着としてアップデートしてくれているのに、ここまでの低価格は破格と言っていいのではないでしょうか。

 

 

終わりに

以上、格安で手に入るミリタリーアイテムをご紹介させていただきました!

気に入ったミリタリーアイテムは見つかったでしょうか?

 

本当に本格ミリタリーはコスパがいいものが多いのでぜひ色々なアイテムに挑戦していただけたらと思います。

また、ミリタリーはトレンドの要素が入っていないので、トレンド遅れになったりすることもまずありません。

 

生地の丈夫さも相まって長く使えるアイテムになること間違いなしですよ!

 

また、こちらで各軍の定番ミリタリーアイテムなどをご紹介しているので、ミリタリーを詳しく知りたい方は見てみてください!

ヨーロッパ各国の軍物(ユーロミリタリー)の見分け方や特徴(ディテール)を解説

判別が難しいユーロミリタリーの見分け方や特徴を解説! 各国毎に定番アイテムや、特徴をまとめたので判別などの参考にしていた ...

続きを見る

 

それでは以上になりますが、ミリタリーのアイテムを選ぶ時の参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アイテム紹介
-, ,

© 2020 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5