Amb(エーエムビー)ガラスレザースニーカーをレビュー!履き心地など!!

2017年2月10日

ハイブリッジインターナショナルのオリジナルレーベル「Amb」。

ガラスレザーのローカットスニーカーを購入したのでそちらのレビューをしていきます。

 

今回レビューするのはコチラ!

 

先日ベイクルーズのファミリーセールで手に入れたAmbのローカットスニーカーです。

ジャーナルスタンダードを運営するベイクルーズのファミリーセールに行ってきました!

東京都内で開催されるベイクルーズのファミリーセール。 セレクトショップのジャーナルスタンダード・エディフィス・イエナなど ...

 

定価は2万2千円ほど。

 

定価で購入しようと思っていたアイテムだったあのですが、なんと40%offで購入することができちゃいました!

もう、セール会場で飛び上がって喜んじゃいました!(心の中で)

 

しかしながら、アウトレットセールまで落ちた物です。

長い間保管されていたものだと思うので、レザーが渇いているかもしれません・・・。

 

そう思い家に帰って早速クリームをぬりぬり。

 

ピカピカに磨いてやりました!!

 

店員さんがクリームをつけてくれることはほとんどないので、革靴などレザーアイテムを買ったらまずクリームを塗るのがおすすめです!

きちんとケアをしてくれている革靴などは別ですが、セレクトショップのアウトレット品などは手入れをされていることはほとんどないので、綺麗にしてあげるとよいでしょう。

 

ある程度綺麗なら誇りを落す水拭きだけでもいいでしょう!

 

ちなみに使っている革用クリームはコチラ。

 

ヌバックとか以外ならどんなものにも使える革用保湿クリームです。

一つ持っておくとかなり便利ですよ!

 

 

さて、このAmbのスニーカー

ガラスレザーの光沢感がかなりあって、スニーカーなのに革靴の様な輝きと艶感!

そして趣!

 

 

全体的にシャープで細身。

シンプルなんだけどレザーがきちんと主張してくれるアイテムですね!

コーディネートの主役になってくるスニーカーだと思います!

 

なんとなーく作りがスタンスミスにも似ているかもですね!

特にかかと部分とか!

 

あと注目してもらいたいのが靴紐です!

 

紐自体にもヌメっとした光沢があり、全体をグレードアップしてくれています。

また、靴ひもの先がメタルチップになっていて、ディティールへのこだわりを感じますね。

 

このような細かいところまで作りこむのがAmbの良さなのでしょう!

 

そして、どんなボトムスにもぴったりはまるスニーカーだと思います。

自分的には黒スキニーに合わせて履くのが一番カッコいいかなと考えていますが、スラックスなどと合わせても程よくカジュアルになっていいですね。

 

とまぁいいところばっかり書いていますが、一つだけ欠点が・・・。

 

これ最初の履き心地が良くないです(泣)

いや、履き心地というのは少し違って、履いてる感じはいいんですが、シュータン部分(足の甲と靴ひもの間に入っているパーツの事)が足の甲に当たって痛い。

 

結構固めのレザーを使っているのでなじむまでは足が痛いですね。

 

まぁ10回くらい使用してやっと馴染んできた感じではあります。

 

今回自分がやった「なじむまで我慢する裏技」が一つあるのですが

 

それは

こすれる場所にカットバンを貼る

というものです。

 

かなり強引ですが、馴染むまでこれで乗り切るのも手段ですよ!

 

インソールは履き心地がいい物を使っていて、長時間歩いても疲れは少ないです。

馴染むとずっと履いていたくなるくらい、デザインも使いやすさも他にないアイテムだと思いますよ!

 

ガラスレザー以外のモデルもあるので、そちらの方が足も痛くならずに履けるかとは思います。

 

http://zozo.jp/shop/ships/goods/13382666/

上の物もシンプルで使いやすそうですね!

購入検討です!(笑)

 

まとめますと

  • 革靴とスニーカーの中間的な用途で使える
  • 他のスニーカーにはないこだわりが見え隠れする
  • ガラスレザーは初めは痛い
  • 数回使う事で馴染む

という感じですね!

 

 

レビューは以上になります!

他にもスニーカーについての記事があるのでコチラもどうぞ!

 

ナイキ、アディダス、プーマ、ニューバランス 各スニーカーブランドのオススメ

まだまだ衰えないスニーカーブーム! でも種類が多すぎて何を買ったら良いのか分からない方もいると思います。 そんな人にオス ...

 

 

 

-
-, , , , ,

© 2021 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5