本当にコスパは良かったのか?「ジャランスリワヤ」を3年使った結果

2020年6月12日

コスパがいいと言う評価で人気となった革靴ブランドのJALAN SRIWIJAYA(ジャランスリワヤ)

3年ほど前に購入したプレーントゥのモデルが今どうなっているのか、本当にコスパは良かったのか、使い込んだジャランスリワヤのレビューをしていきたいと思います。

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

ネットや雑誌など、色々なところでコスパがいいと言われる「ジャランスリワヤ」の革靴。

ヨーロッパブランドに匹敵する革質と独自のプログラムで育成された職人による「ハンドソーンウェルテッド製法」がウリです。

 

とはいっても、僕自身他はパラブーツとデザイナーズの物しか革靴を持っておらず、コスパの良さを比較できる対象がありません。

 

パラブーツと比較するには少しジャンルが違うので、単体でどういった状態になったのか、使い勝手はどうだったのかをメインにご紹介しようと思います。

 

コチラが僕が3年間使用したジャランスリワヤのプレーントゥレザーシューズ。

ユナイテッドアローズ別注の商品で型番は「98628」

価格は確か33,000円程だったかと思います。

リーガルより少し高く、ヨーロッパ系ブランドの半額くらいといったイメージですかね。(モデルや革質にもよりますが)

 

ちなみにサイズは6 1/2 で、普段スニーカーは26cmか26.5cmの物を履いています。

 

中古だと大体1万から2万円くらいです!

 

ベーシックなトゥは幅広いTPOで使用することができるので、冠婚葬祭からスーツスタイル、普段着まで使用することが出来ました。

 

このジャランスリワヤのプレーントゥはドレスシューズでありながら、かっちりしすぎていない程よい丸を帯びているので、ディテール的にもカジュアルで使いやすいシューズだったと思います。

 

ドレスライクな服装をデザインで崩したようなスタイルが好きな僕にはぴったりで、使用回数もかなり多かったです。

 

3年間で100回以上は使ったでしょうか。

 

そういった面では、冠婚葬祭用に革靴を買わずに済み、これ一足でドレススタイルからカジュアルスタイルまで使えたのはコスパが良かったのかもしれません。

まぁ、プレーントゥを選んだからこそのコスパというのもありますが。

 

ベーシックな革靴でどうしても気になってくるのが、この履きジワ。

いい革靴ほど、艶感を保ったまま綺麗なうねりを描くイメージがあります。

 

オールデンのコードバンとか、履きジワがめちゃくちゃ艶感あって、見るからに高級感ありますからね。

所有はしていないものの、古着屋さんに務めているのでよく見ますし、査定の対象なので良さは理解しているつもりです。

 

それに対して僕の所有しているこのジャランスリワヤは少しヒビが入ったような履きジワになっています。

シューキーパーをせず手入れが甘いとヒビ割れのようになってしまうと言われますが、シューキーパーも使用し、月1回はクリームを塗ってお手入れをしていたので、そこまで雑な使い方をしていなかったとは思っています。

 

右足の履きジワは結構かっこよく見えるのですが、左足がヒビ感が強くてなっていしまいました。

最初に履きジワをペンで入れておけば、こうはならなかったのかもしれませんが、少し残念な経年変化です。

 

ヒールの靴底は3年使っているにしてはあまり減っていません。

少しがにまたな僕は斜めにすり減ってしまうのですが、スニーカー類に比べてかなり持っている方だと思っています。

 

ヘビロテしていたコンバースとバンズは2年くらいでダメになってしまいますからね。

 

パラブーツのヒールもかなり擦れてきたので、それらと比較してもかなり持ちがいいと感じます。

 

ソール全体はこんな感じ。

破れなどはもちろんありません。

 

かなり綺麗に使っていたと思うので、内側の印字も綺麗に残っています。

古着を扱っている僕としても商品の状態ランクだと「普通」のランクにしますね。

 

結構使用感激しい物だと内側の汚れやすり減り、型番の文字消失などがありますから。

 

ですので、状態的にもまだまだ使用することができそうです!!

 

結果、

3年使って、大きなメンテナンスは必要ないですし、痛みもありません。

色々な洋服に合わせられて、100回以上も使ったことを考えると非常にコスパが良かったと言えるのではないでしょうか。

 

ここから数年で使えなくなるということもないでしょうし、デザイン的にも耐久面的にもまだまだ活躍してくれると思います。

 

ということで、ヨーロッパの革靴ブランドに慣れていない人でもコスパがいいと感じることはできます。

オールデンなどの本格革靴がどれだけコスパがいいのかは分かりかねますが、価格を考えると最初に一足にするには申し分ない革靴だと思います!

 

それでは以上になりますが、ジャランスリワヤを購入する時の参考になれば幸いです。

ではまた。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-
-, ,

© 2020 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5