ファッションのコツ

Vゾーンのこだわりがオシャレに見せる方法?印象を左右する方法とは?

更新日:

なぜか様に見えない・簡単にオシャレに見せたい!

そんな時に役に立つVゾーンの見せ方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

Vゾーンとは?

Vゾーンとは何か知っていますか?

Vゾーンとは背広(ジャケット)の開きから襟にかけてのV字型の開きの事を言います。

http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20110930/10%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%87%E3%83%BC%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%82gq-men%E3%81%AEv%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%EF%BC%91%E3%82%AB%E6%9C%88%E3%82%B3

間違ってもデリケートゾーンの事ではありません。

特にスーツスタイルで用いられることが多いVゾーンですが、カジュアルファッションでもVゾーンの印象を変えるだけで全く違った印象になり、オシャレを作るポイントにもなっているんです。

 

小池都知事なんかもこのVゾーンにはかなりのこだわりがあるようで、印象を左右する大事な要素にもなっているんですね!(小池都知事は2度にわたってベストドレッサー賞という、ファッション分野の賞でも名誉ある賞を獲得しています)

 

それだけメンズ・レディースともに印象を左右する大切なポイントだという事です!

スーツスタイルではもちろん大切なのですが、今回はカジュアルファッションにおいてもどういうところに気を付けていけばいいのかという点で見ていきたいと思います。

 

ネックの種類で印象を変える

まずはネック周りで印象を変えることを心がけましょう。

ネックの種類を変えることで全く違ったコーディネートになります。

 

クルーネック

http://www.neqwsnet-japan.info/?p=7784

丸首のラインをクルーネックと呼びます。

語源は船の乗組員「クルー」からきているそう。

首元のラインの中で最もポプュラーな種類になるでしょう。

印象としてもベーシック、飾らない印象でしょうか。

 

タートルネック

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172757-09

大人っぽい印象が漂うタートルネック。

語源はもちろん「亀」から。

ジャケットのインナーにも使える、少しフォーマルな印象のネックですね。

デートやちょっとしたパーティーなどの気合を入れたい時にもってこいのネックです。

 

ボタンダウンシャツ

https://lafabric.jp/customlife/shirt-button-down/

ボタンダウンシャツはレギュラーカラーシャツよりも印象的にはより綺麗目。

カジュアルファッションの時は第一ボタンを外しても襟がきちんと立つので使いやすいでしょう。

 

バンドカラー・ノーカラーシャツ

http://e.right-on.co.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?pid=0000132001668

こちらはレギュラーカラーシャツよりもカジュアルより。

カジュアルファッションでレギュラーカラーシャツにジャケットを羽織ってしまうとフォーマルになりすぎてしまうので、バンドカラーを合わせることで程よいカジュアルダウンになるでしょう。

特に去年あたりからトレンドとしてもノーカラーシャツが流行っていたので、ユニクロなどにも展開がありますね。

 

レイヤードで味付けを

白Tシャツのチラ見せ

https://latte.la/column/52074181

クルーネックセーターの着こなしとしては一枚で着るよりもこなれ感があります。

その分少しカジュアルではあるのですが、このように少しだけ見えるといったレイヤードは難しい分、きちんとこだわりを持って服を着ていると思われることでしょう。

 

クルーネックニット+レギュラーシャツ

http://clubd.co.jp/wp/post-16602

続いてニットのインナーに白シャツを合わせたスタイル。

スーツスタイルでも見られる着こなしで、フォーマルな印象を加速させます。

綺麗目なファッションにはもちろん使えますが、シャツの色を変えることでVゾーンのレパートリーをより増やせるでしょう。

あまりレイヤードをしないという初心者にはぜひ取り組んでもらいたいスタイルです。

 

クルーネックニット+バンドカラーシャツ

http://www.pal-blog.jp/brand/ciaopanictypy/shop/online/293b15ff-96f5-439b-8225-51afd85fe8e2?title=%E3%80%90PALCLOSET%E3%80%91%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E6%96%B0%E9%AE%AE%E3%81%AA%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AB...&archive=2015.03.15&shop=online

ちらっとネックからのぞくスタンドカラーがオシャレなこのレイヤード。

程よいフォーマル感とカジュアル感を持つ、ハイブリットな着こなしです。

あまり周りがしない着こなしなので、差別化は進むでしょう。

僕的にもこの着こなしをしている人はオシャレだなと感じますね。

 

ハイネックニット+レギュラーシャツ

http://kurumani.com/?cat=46

少し窮屈に見えてしまうかもしれませんが、これもオシャレな着こなし!

レギュラーカラーシャツをあえて立たせて、ハイネックからチラリと見せるように着こなしています。

海外スナップで良く見る着こなしで、12月号のメンズジョーカーの着こなしでも乗っていましたね!

上のクルーネック+バンドカラー同様差別化が進む着こなしでしょう。

 

アクセサリーで華やかに

ネックレス

http://zozo.jp/shop/kmcdetails/goods/7276042/

シンプルでもいいので、ネックレスを付けることで色気のある雰囲気を作ることができます。

派手すぎたり、大きすぎたりするネックレスを付けると逆にチャラついて見えてしまう事もあるので、程よくシンプルな物がウケもいいでしょう。

 

ビーズネックレス

http://zozo.jp/shop/kmcdetails/goods/7276141/

シルバーのネックレスなどよりもカッコ付けすぎな印象が薄れるビーズネックレス。

小さめの物を選んで首に、より印象を与えるもよし。

大きめを選んでシャツなどの上に垂らすもよし。

使い勝手が良く、1つは持っておきたいネックレスですね!

 

クロシェット

http://sota-japan.com/?pid=80999303

シンプルなコーデに生えるクロシェット。

使い方に悩むかもしれませんが、Tシャツ一枚などのシンプルな中に使うのがオススメです。

冬のファッションよりも夏ファッションに良く用いられるアイテムですね。

 

食事などではまず優先

食事などでこのVラインを意識するのはとても大切な事です。

なぜ食事の場面で大切かというと、食事している時って大抵座っていますよね。

下半身は見えないことがほとんどのはずです。

そのため、上半身、特にVゾーンを意識する事こそが大切になってくるわけです。

ニュースキャスターなども下半身はテーブルに隠れて見えないため、上半身に全力を注いでいるという話も聞きました。

 

デートや合コンの時は向かい合って食事をすることも多く、そんな時こそVゾーンが一番良く見られます。

ハイネックやレイヤード・アクセサリーを上手く使い大人っぽいコーディネートをすると、第一印象はこっちのものでしょう。

 

まとめ

以上になります。

まとめますと、VゾーンはTPOに合わせて変化させることが大切で、それによって相手に良い印象を与えることができるでしょう。

カジュアルファッションとしてはバンドカラー+クルーネックニット・スタンドカラー+ハイネックの着こなしはこなれていてとてもオシャレだと感じますね。

是非デートや食事などの座る場面でこそ試してもらいたいと思います!

 

参考になれば幸いです!

それでは!

 

-ファッションのコツ
-, , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.