雑誌解説

もう迷わない!オススメのメンズファッション雑誌を特徴毎にご紹介!

更新日:

ファッション雑誌って種類が多すぎてどれを読んだらいいのか分からないって思いませんか?

今回はそんな方に向けて、雑誌ごとの特徴やどんな方にオススメなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは!

上京ファッションブロガー兼古着屋店員の「服スケ(@hukusukeblog)」です!

 

今回はファッション好きに限らずとも男性なら一度は読んだことがあるであろう、ファッション雑誌について。

種類が多すぎてどれを読んだらいいのか本当に分からないですよね。

自分も昔はあれを買ったりこれを買ったりと色々と試してみた物です。

 

ですので、今回はそんな経験からも合わせて、どんな方にオススメなのかを紹介していきたいと思います!

 

FINEBOYS(ファインボーイズ)

 

若者向けのトレンドファッションを発信している雑誌。

都心はもちろん、地方でも攻めすぎない丁度良いトレンド感でオシャレが楽しめるとあって、ファッション入門にはちょうど良い物になっています。

 

紹介するアイテムの価格帯も高すぎるものばかりでなく、「レイジブルー」などの若者向けのブランドなども取り上げており、金銭面でもきちんと若者が取り入れられる方向性と商品の価格帯がマッチした雑誌です。

ファッションアディクト(重度の服好き)からすれば少し物足りないと感じるかもしれません。

 

こんな方におすすめ

  • 10代から20代のキレイ目なファッションを学びたい方。

よく掲載されるブランド

  • 古着やニッチなストリートブランド。

 

MEN'S NON-NO (メンズノンノ)

 

オシャレが好きな男性に向けたファッションマガジン。

最新のトレンドを感じることが出来るスナップが多めで、人とは違った一癖あるオシャレを取り入れたいならまず読むべき雑誌です。

メンノン系と言われるスタイリングの系統を生み出すまでにファッションに影響力があり、毎年のトレンドによってコーディネートの雰囲気が大きく変わります。

そのため、ブランドもトレンドに沿って変わるのが特徴です。

 

ファッションを勉強し始めるときに読んでしまうと、ファッションが分からなくなってしまったりやりすぎたコーディネートを取り入れてしまう危険性もあるので、雑誌の知名度だけでメンズノンノを選んでしまうと失敗してしまうかもしれません。

服好きが選ぶ雑誌、または本当に詳しく勉強したい時の雑誌だと思うと良いでしょう。

 

こんな方におすすめ

  • 服好きやオシャレな人からオシャレだと言われたい男性。

よく掲載されるブランド

  • トレンドによって変わるが、アンダーカバーやラッドミュージシャンなどのドメブラが多め。

 

Men's JOKER(メンズジョーカー)

 

10代から30代までの幅広い年齢層に定評のあるファッションマガジン。

派手すぎず、シンプルすぎずな丁度良い大人のファッションを打ち出しており、誰もが真似しやすいコーディネートを学ぶことができます。

 

雑誌の構成としても、アイテム紹介ありきのコーディネートが多く、好きな着こなしからアイテムをそのまま見つけることができるので、カタログ感覚で読むことも可能。

誰もが読みやすく参考にしやすいので、年齢問わず手に取ってもらいたい雑誌です。

 

こんな方におすすめ

  • ファッションを学びたい10代から30代の方にオススメ。

よく掲載されるブランド

  • 「paul smith」や「LOUNGE LIZARD」などの女子ウケの良いブランド。

 

CLUEL homme(クルーエルオム)

 

クルーエルのメンズ版雑誌。

フレンチカジュアル全開なスタイリングを打ち出しており、モデルも殆どがヨーロッパ系の外人さん。

セレオリからドメからインポートまでを満遍なく紹介しているイメージで、極端に偏りがないのは好感が持てます。

 

しかしながら、オシャレで真似したくなるけど、人を選ぶ着こなしもしばしばあり、同じ物を買っても同じようなコーディネートにならない危険性が・・・。

ですので、コーディネートの雰囲気を真似するといった感じで使っていくと良いのではないでしょうか。

 

また、アイテム紹介とそれを使った着こなしの紹介がちょうど良い割合なため、サラッとも読めるし、文章を見込んでも良い雑誌になっていると感じます。

 

こんな方におすすめ

  • 年齢は20代から30代向けで、シンプルに着られる良いものを選びたい方にオススメ。

よく掲載されるブランド

  • コモリやオーラリー・マーガレットハウエルなどのシンプルだけど上質さ漂うブランドが多め。

 

men's FUDGE(メンズファッジ)

 

ファッション初心者からファッションアディクトまでの幅広い範囲からオシャレだと思われるスタイリングを打ち出す雑誌。

日本人に似合いそうな、フレンチやブリティッシュを打ち出しており、そこに程よくストリート感もプラスされたコーディネートが数多くあります。

 

基本的に写真が多めで、着こなしの勉強をするのに持ってこい。

月ごとで比率はかわりますが、着こなしが7でアイテム紹介が3といった割合で掲載されています。

しばしばクルーエルと比べられる雑誌なのですが、二つの違いとしてはクルーエルは大人っぽさ、ファッジはストリート感だと思ってもらったらいいでしょう。

 

こんな方におすすめ

  • 20代から30代のオシャレに興味を持ってる人みんなにおすすめ。

よく掲載されるブランド

  • 高感度なドメブラから、トラディショナルなヨーロッパ系のブランドまで幅広く掲載。

 

SWAG HOMMES(スワッグ オム)

 

ハイブランドやハイストリートの着こなしを写真を使って表現している雑誌。

全体的にリアルクローズではなく、コレクションのようなファッションがほとんどなので、ファッション好きが読むための雑誌と思ってもらうと良いでしょう。

東京ではオシャレで通っても、地方に行くとやりすぎなファッションがほとんどです。

 

2015年に創刊されたかなり新しい雑誌で、ハイブランドとストリートがミックスされた今ならではのハイファッションスタイルを楽しめるとあって、人気もあります。

 

最先端トレンドの雰囲気を感じ取るにはもってこいの雑誌とも言えますね!

 

こんな方におすすめ

  • 10代後半から20代のハイストリートを好む方に特におすすめ。

よく掲載されるブランド

  • バレンシアガ・ジバンシィ・オフホワイト・ダブレットなどの好感度のハイストリートブランド。

 

WARP MAGAZINE JAPAN(ワープマガジンジャパン)

 

主に東京のファッションを紹介している雑誌。

着こなしというよりも、インタビュー記事のようなものが多く、デザイナーやモデル・ショップのオーナーがどういった考えで服選びやデザインをしているのかを知ることができる稀有な雑誌です。

 

日本人に似合う東京のストリートファッションを考えかたから学ぶことができるでしょう。

 

こんな方におすすめ

  • 20代から40代のリアルなストリートファッション好きにオススメ。

よく掲載されるブランド

  • ニューエラやスラッシャーなどのストリート系王道ブランド。

 

Popeye(ポパイ)

 

ファッションとカルチャーを大きく結びつけて発信する雑誌。

 

1976年創業という長い歴史もあり、40代から50代の方でも大きく影響を受けた方も多いことでしょう。

 

基本的に文字が多い雑誌なので、読み込めるのはもちろん、著名人のファッション感にも触れることができる読み応えのあるものになっています。

 

ファッション単体というよりも、生活の一部としてファッションを大事にする人に読んでもらいたい雑誌ですね。

 

こんな方におすすめ

  • 年齢は10代後半から50代以上のファッションが好きなすべての男性にオススメ。

よく掲載されるブランド

  • アウトドアからドメブラまで多彩に掲載しているイメージ。

 

Ollie(オーリー)

 

20台向けのストリート系ファッション雑誌。

文字と写真のバランスが良く、読み込める雑誌になっています。

 

マニアックな内容が多いこともありますが、今のストリートカルチャーの雰囲気を写真を見るだけでもある程度つかむことができるかと。

コーディネート自体は東京などの主要都市ではオシャレとして成立しますが、それ以外では奇抜と思われることは間違いなさそうです。

東京在住のスケーターやストリート好きならまず手に取って見ることをお勧めします。

 

こんな方におすすめ

  • 20代のスケーター・ストリートスタイルが好きな方。

よく掲載されるブランド

  • エイプやステューシー・ディッキーズなどのストリート・スケートブランド中心。

 

SENSE(センス)

 

ハイエンドなストリートファッションを提案するファッションマガジン。

大人のためのストリートファッション雑誌といったイメージが一番ピンとくるかと思います。

 

バレンシアガやオフホワイトなどのインポートのハイストリートからビズビムやソフなどの日本のストリートファッションブランドを中心に紹介しています。

着こなせたらかなりのファッションアディクト感があるコーディネートばかりですが、紹介しているブランドも高額な物が多いのが特長です。

 

こんな方におすすめ

  • ハイストリートな着こなしを好む20代から30代の方にオススメ。

よく掲載されるブランド

  • バレンシアガ・モンクレール・ビズビムなどの大人が着るストリートブランド。

 

GO OUT(ゴーアウト)

 

アウトドアファッションを発信する雑誌。

ノースフェイスやパタゴニアといったアウトドアの定番ブランドはもちろん、ファストファッションからワーク系ブランドまでのアイテムを幅広く紹介しています。

 

アイテム紹介も多く、一つ一つのアイテムをきちんと紹介してくれるので、購入意欲が沸くこと間違いなし。

 

また、街着として使える、決めすぎない大人なアウトドアファッションを提案しているので、都内でも地方でも十分にオシャレとして成立するコーディネートを学べるでしょう。

ファッションアイテム以外のアウトドアに使えるものも同時に紹介しているので、普通にアウトドア好きな方にもおすすめです。

 

こんな方におすすめ

  • 20代から40代のカジュアルファッションが好きな男性にオススメ。

よく掲載されるブランド

  • ノースフェイスやパタゴニアなどのアウトドアの王道ブランドが多め。

 

Begin(ビギン)

 

カジュアルなファッションを提案するファッションマガジン。

言葉遊びに目がいく事が多く、読んでいて面白く飽きないのが良いところです。

 

それでいて、アイテムの特徴を細部まできちんと紹介しているのにも好感が持てます。

欲しい物を探すときのカタログ感覚で見る雑誌としても有効で、トレンドのファッションアイテムのカタログをジョーカーとしたならば、カジュアルな使い勝手の良いアイテムのカタログ雑誌と言えるでしょう。

 

こんな方におすすめ

  • 20代から40代以上のファッション初心者から服好きまですべての男性におすすめ。

よく掲載されるブランド

  • カジュアルアイテム多めだが、本当に色々なブランドを掲載している。

 

houyhnhnm(フイナム

 

年に2度だけ発行している雑誌「フイナム」

ファッションとカルチャーを合わせて紹介しており、月刊雑誌にはない内容の濃さが魅力的です。

本当に濃い雑誌なので1冊を隅から隅まで読もうとすると1日では足りないでしょう。

 

ホームページでも定期的に記事を更新しており、その内容もハイファッションのトレンドからデザイナーのインタビュー記事までと多岐にわたっています。

雑誌の方はコーディネートよりも、物に焦点をあてているので、欲しい物を捜すときなどに活用すると良いでしょう。

 

こんな方におすすめ

  • 20代以上のいい物・オシャレな物が好きな方におすすめ。

よく掲載されるブランド

  • ハイファッションからアウトドアブランドまで幅広く掲載。

 

終わりに

以上、13冊の雑誌についてご紹介させていただきました!

雑誌ごとに色々な特徴があり、始めの方は何を選べばいいのか分からないことも多いかもしれません。

ですが、色々と試していくうちに今の自分にとってどれが一番良いのかが分かってくると思います。

今回の雑誌ごとにどんな人にオススメなのかを考えて書いたので、雑誌選びに困っている方は是非参考にしていただけたらと思います。

それでは以上になりますが、雑誌選びの参考になれば幸いです。

ではまた。

-雑誌解説
-, , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.