ボトムス

LEE(リー)のスタープレスト?リーバイス517より安いブーツカット

シワの付かないスラックスとして人気のあるスタープレスト。

リーバイスの商標で知られていますが、リー にもスタプレににたスラックスが実はあります!

今回はそんなアイテムをご紹介します!

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

今、ブーツカットが数年ぶりにトレンドアイテムとしてアパレル界隈などから人気が出ています!

ブーツカットと聞くとかなり古いイメージを持ってしまいますが、今の若者からしてみれば新鮮なファッションなのかもしれませんね。

 

特にレディースでのそのトレンドは顕著で、セリーヌやグッチなどのハイブランドから徐々に浸透してきているようです。

そんなブーツカットのアイテムは定番のデニムだけでなくスラックスやイージーパンツなどアイテムとしては様々。

 

以前のブーツカットトレンドはデニムが主流だったように思いますが、今回はイージーパンツやスラックが主流のように思います。

 

 

また、昔から言われていますが、ブーツカットやフレアパンツには足長効果はあるのでスタイルはすごくよく見えます。

それも相まって、若い世代にはかなり人気が出ていますね!

 

さて、そんなわけでメンズにそのトレンドは流れてきていて、最近ではブーツカットのパンツを履いている方が増えました。

その為ブーツカットを古着で探しているという人も多いですね。

 

ブーツカットのアイテムはトレンドとなった現在色々なブランドから登場していますが、王道で言うと、やはりリーバイスの517です。

その中でスタプレの517が特に履きやすくちょうどいいフレア感だと思います。

 

70s~90sくらいのレギュラー古着のアイテムが多く、古着屋さんなどでの取り扱いも多いのがスタプレ517の良いところ。

現行では販売されていませんが、ちゃんとお金を出せばいい物が手に入ります。

 

価格帯

だいたいネットだと5,000円~で手に入って、お店だと10,000~といった価格です。(2021年時点)

5,000円だとサイズが合わない物が多そうですね。

 

 

そして、個人的におすすめしたいのが LEE(リー)から出ているフレアスラックス。

 

古い物は LEENS というスリムラインから出ていた物もありますが、現在で回っているのは通常の リーから出ている物が多いです。

ちなみに、LEENS からは LEE PReST (リー プレスト)という名前で登場しています。

 

https://page.auctions.yahoo.co.jp/

こちらがリープレストに付くタグ。

 

スタープレストはリーバイスの商標なので、リー では使いませんが、現在ではシワの付かないノンアイロンスラックスの総称として使われることもあり、リーのスタプレと言われることも珍しくありません。

 

リーバイスのスタプレ同様、シワが付きづらくノンアイロンで履けますし、センタープリーツもきちんとハンガーにかけておけば消えることもないでしょう。

 

綺麗にストンと落ちるシルエットで、やりすぎない程度のフレアの物が多いです。

ストレートとフレアのちょうど中間と言えるかと。

 

トレンドだからといって、いきなりめちゃくちゃフレアしたパンツは履きづらいと思うので、このくらいのフレア加減がちょうど良いです!

 

また、単色ではなく千鳥柄やチェック柄などの柄が入った物もリーバイスより多いので、柄物好きな方にもおすすめできます!

 

価格帯

価格はネットだと3,000円~で、古着屋だと大体7,000円~といった所(2021年時点)

 

リーバイスのスタプレよりも少しだけお得な価格で購入することができますし、ネットでも意外とかなり多くのアイテムが出ています。

古着屋で探すのはスタプレよりも入荷数が少なそうなので、探しずらそうですが、ネットだと検索してすぐ見つかるのが良いですね。

古着をネットで買う時は、色味とサイズ感は一番気を付けたいところなので、慎重に決めて下さい!

 

ブランド品を買うよりも、ブーツカットのオリジナルと呼ばれるアイテムを安く購入できるので、ぜひ興味のある人はリーのスタプレを検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、こちらでフレアパンツのおすすめも合わせてご紹介しているので、ぜひ見てみて下さい!

フレアパンツが今トレンド!メンズにおすすめのアイテムを紹介!

去年あたりからパンツのシルエットの中でもトレンドにもなっているフレアパンツ。 リバイバルなトレンドだけに、過去の名作もあ ...

続きを見る

 

それでは以上になりますが、リーを検討する際の参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ボトムス
-, ,

© 2022 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5