服の買い方

【2017年8月3日】夏のベイクルーズファミリーセールに行ってきました。

更新日:

8月3日から8月6日にかけて開催されるベイクルーズ夏のファミリーセール。前回の冬のファミリーセールに続いて2度目になりますが、商品展開やお客さんの様子など前回よりも細かく見ていこうと思います。

スポンサーリンク

 

冬のファミリーセールについてはこちらからどうぞ↓

ジャーナルスタンダードを運営するベイクルーズのファミリーセールに行ってきました!

東京都内で開催されるベイクルーズのファミリーセール。 セレクトショップのジャーナルスタンダード・エディフィス・イエナなど ...

 

秋冬物も手に入る池袋で開催される大きなセールイベント

http://sale.baycrews.co.jp/family-tokyo/

池袋サンシャインシティ ワールドインポートビル4階で開催されているベイクルーズのファミリーセール。

 

「ジャーナルスタンダード」「ジャーナルスタンダードレリューム」「エディフィス」「イエナ」「ベーセーストック」など多くのアイテムが最大80%offで購入できるセールとあってかなり大きなイベントとなっています。

 

誰でも入場できるのも良いところなのですが、そのせいもあって人の多さは尋常じゃありません。

開店時は並ぶこと確実ですが、それでも行ってみる価値はあるはずですよ!

 

それでは当日の様子・どういった物を買うのがよりお得か・今回買った物などを紹介していこうと思います。

ちなみに僕は初日開店時間の16時から20時までの4時間ぶっ続けで服を見てましたがかなり疲れましたね。

ここまで人が多い場所で買い物することも少ないので、体力の消耗が激しいです。

何回でも入場することができるので疲れたらお店の外で休んでもいいかもですね。

 

前回と比べてのショップの様子など

今回で2回目の参戦となるこのファミリーセルですが、前回と比べて思ったことなどが何点かありました。

まず少し戸惑ったのは前回の出店場所とちょっとだけ場所が違っていたこと。

同じ4階ではあったのですが、少しだけ迷いました。

でも前回同様池袋サンシャインの一番奥のエレベーターで4階まで上がっていくと看板も出ているので大丈夫かとは思います。

 

続いてですが、前回よりも人の量は少なかったかなといった印象はありました。

行列もまずまずでしたし、レジの込み具合もそれほどと言った感じ。

あと一番うれしかったのは試着室が混んでいなかったこと。

前回は試着に40分くらいかかってかなりダレたのですが、今回はほぼ待ちナシでした。もちろんメンズに限ったことであってレディースは半端じゃない列ができてましたけどね。

 

それともうひとつ。

メンズとレディースの割合が3対7くらいで圧倒的にレディースの方が数が多かったです。前回は4対6くらいだっとと記憶しているのでメンズの自分としては少し残念だったかなと。

 

では続いて商品などについて。

どんな商品が置いてるの?

商品のカテゴリーは多岐にわたって展開されています。

靴にトップス・ボトムスはもちろん、雑貨やら大きなソファなどの家具まで。

そしてそれらの商品がほとんど半額以上で売られています。

ざっと店内を回って確認した感じでは、50%引きが5割。60%~70%が2割。80%が1割。30%~40%が2割といったところでした。

 

展開されている商品も、去年~今年にかけての売れ残りが5割。それ以上前の物と思われる物が2割。汚れや欠陥品などが2割。サンプルが1割と言った感じでしょうか。

 

かなり主観的な見方なので正確ではないでしょうが、ある程度こんな感じと思ってもらえたらと。

 

またセレクトショップオリジナル品だけでなく、ショップがセレクトしたブランドも数多くあったのでその辺りに掘り出し物がありますね。

 

買うべきアイテムとは

さて、ではせっかく訪れたファミリーセール。よりお得だと思われるものはどんなものなのかを紹介していきます。

 

とその前に、ファミリーセールのアイテムについて少しだけ考えて欲しいのが、これらのアイテムのほとんどがセレクトショップでもほぼ同じ価格で販売されていたという事実。

50%引きの商品ばかりでかなりお得に感じてしまうでしょうし、せっかく来たならと買いあさってしまう方も多いかと思いますが、実際はセレクトショップの最終セールの価格と相違ありません。

 

ほとんどのアイテムが最終セールでも売れずに残ったアイテムだと思ってもいいでしょう。

 

売れ残りの売れ残り。そう思って買い物すると値段だけを見た理由のない買い物が減ってくるはずです。

 

値段以外にデザインなどの理由をきちんと考えて購入するのが失敗しない買い方ですね。

 

では、そんな事ばっかり言っても面白くないので、お得だと思えるものもいくつか挙げておきます。

 

靴類が圧倒的にお得

まずは何と言っても「靴類」です。

スニーカーから革靴に至るまでかなりの数が展開されているのですが、そのどれもが半額以上で販売されています。

ニューバランスやナイキなどのスニーカーブランドからリーガル(今回は見かけませんでした)までオーソドックスですが、信頼できるブランド物が揃っているんですね。

お客さんの買い物袋を見ても靴を買っている方が圧倒的に多く見受けられました。

ベーシックな靴をここで買っておくのはとてもお得なのではないでしょうか。

 

オーセンティックなブランド品を狙い撃ち

それ以外にはやはりブランド品。

オリジナルは売れ残り感が半端じゃない物ばかりですが、トレンドを反映しすぎていないコンサバなブランドは狙い目でしょう。

1年以上前の物でも今着て全くおかしく見えません。

 

買う側としては型落ちではあるものの、ほとんど見た目の変わらない商品を格安で購入でき、店側は型落ちの在庫は邪魔なだけなので処分できるというwinwinな関係が成り立ちます。

 

もちろん物にもよりますが、ブランドを知っておくことでよりお得な購入は可能です!

 

買いだと思った物

ではいくつかいいなと思った物を紹介します。

 

サルヴィ/サンダル

http://zozo.jp/shop/edifice/goods/19602625/?did=38174268

417エディフィスがエスパドリーユで有名な「サルヴィ」に別注したサンダル。

エスパドリーユ特有のジュードソールを使用した物になっています。

 

サンダルをメインで履ける時期はもうあと1ヵ月といったところ所でしょうが、サルヴィならば来年再来年と気にせず使う事ができるでしょう。

 

こういった別注品などは店側としても来年販売するわけにはいかないので、処分したいアイテム。

 

割引率も高い傾向にあるのでかなりおすすめできる商品ですね!

 

ちなみに、もう一つのエスパドリーユの有名どころ「ガイモ」のエスパも半額で置いてありました。

在庫かなりあまってそうでしたから、欲しい方は明日以降も是非ともオススメしておきます!

 

ちなみに約8000円の半額でした。

 

 

Amb/ドクターシューズ

http://black-brick.jp/shopdetail/000000001261/

海外の靴ブランドなどを取り扱ってる「ハイブリッジインターナショナル」のオリジナルブランド「Amb」

質のいいレザーを使ったシンプルなスニーカーなどが得意なブランドで、前回の冬のファミリーセールではこのブランドのレザースニーカーを購入しました。

このドクターシューズというのはスポックシューズと同じく、病院の先生が履いていたことから名前が付いたアイテムだそう。

 

今年は所々で見かけたこのアイテムですが、来年の夏ももちろん使えるちょっとだけトレンドな物。

 

このドクターシューズはアッパーをレザーで仕上げ、ソールには厚めのガムソールを使用しているので歩き心地もいいでしょう。

 

少し変わったアイテムですが、これが半額で9000円程度なら手に入れておきたいですね。

 

 

II VIII VIII/スニーカー

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88-VIII-288-MOTT-Nubuck/dp/B00SWPHQNO

2013年に設立されたモードライクなブランド「NO.288」

上質な素材感と風変わりなデザインはモードなテイストを感じることができます。

 

ハイブランドである「ランバン」や「ジバンシィ」と同じ工場で作っているそうで、その品質の高さにはきちんとした裏付けが。

 

斜めに施されたシューホールとシューレースが面白いですよね!

これが型落ち品なので約5万円の80%オフ!

1万円程で購入できるのだからかなりお得に感じます。

 

今回かなり迷ったアイテムのひとつですが、最近靴を買い過ぎているので見送ることに。

サイズもちょうどだったので購入しても良かったかなと少しだけ後悔してます・・・。

 

 

アーテクルール/スエードローファー

http://zozo.jp/shop/edifice/goods-sale/10761553/

エディフィスのプライベートブランド「アーテクルール」

今回初めて知ったブランドネームなのですが、よくよく見るとかなりいい作りしてるんじゃないかと思ったので紹介します。

質感の良いスエードを使っていて、全体的にシュッとした細身な物に。

ソールも革底で高級感があり、シューツリーまで付けてくれてます。

 

元の価格が約30,000円くらいなのですが、これが半額の約15,000円くらいになりますから。

個人的にセレクトショップのオリジナルブランドはあまり買ったりしないのですが、物の割にお得に感じたアイテムでした。

 

ラコステ/ハイストレッチポロシャツ

http://zozo.jp/shop/edifice/goods-sale/18905805/

言わずと知れたポロシャツで有名なブランド「ラコステ」

このアイテム、フィット感はあるものの、ストレッチの着た素材で作ってあるので動きやすいアイテムとなっています。

 

ラコステの代表的なモデルL1212と違い、胸元のボタンの数が多く、ポケットもついています。

 

またボタンダウンになっているのも特徴でしょうか。

ベーシックなモデルとは多少違いがあるのですが、それでもベーシックに使えるアイテムであることに変わりはありません。

万人にオススメできるアイテムでしょう。

これが15,000円の半額で75,00円程!

 

 

RENATO COLLEZIONE/キューバシャツ

http://online.tools-infinity.net/shopdetail/000000000683/

4つのポケットとタテに入った2本とプリーツが特徴なのがキューバシャツ。

このブランドちょっと調べたのですが、あまり情報がない・・・。

多分アメリカのブランドだとは思うのですが、キューバシャツくらいしか日本での展開がないようですね。

物自体はかなり良く、開襟シャツがトレンドの今、流行を追えるアイテムとしておすすめですね。

値段も約9,000円の60%オフ。お得です。

 

バブアー/ナイロンジャケット

http://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods-sale/17416171/

オイルジャケットで有名な「バブアー」

オイルドクロスを使用した生地は防水性があるものの、油分を存分に含んでいるので他のアイテムと同じクローゼットに収納できなかったり、匂いがきつかったり、ケアが必要だったりと面倒な素材でもあったんですね。

オイルの雰囲気がカッコいい物ではあるのですが、それ以上に手間のかかるアイテムなんです。

 

ですが、今回オススメするのは定番の「BORDER」を現代風に細身にしたモデルSL。

そしてそれをナイロン素材で作り替えた物になっています。

 

そうすることによって上で挙げた欠点を解消でき、それでいて「バブアー」を感じられる一枚になっています。

確か去年の秋冬で出ていたアイテムだったと記憶しているので、そこまで型落ち感もありません。

これが約36,000円の40%オフ。

買いな商品ではあると思ったのですが、よくよく調べてみると、公式サイトでの最終オフ率は50%!!!

多分時期的にも売れると思ったようで40%に戻してきましたね。

 

ファミリーセールだと逆にオフ率下がってるのですが、在庫も多くサイズ欠けも少なかったので納得できる方は買ってもいいでしょう。

今買っておいて損はないかと思いますよ。

 

グラミチ/ワイドパンツ

https://baycrews.jp/item/detail/journalstandard/pants/17030610017210

クライミングウェアとしてだけでなく、アウトドアに使えるボトムスとして確固たる地位を気付いた「グラミチ」

このアイテムはそんな「グラミチ」と「ジャーナルスタンダード」そして「キャプテンサンシャイン」とのトリプルネーム。

 

グラミチのボトムスにしては珍しいワイドシルエットとなっているアイテムなので、トレンド感あるゆったりしたパンツとして使う事ができるでしょう。

 

価格は約20,000円の50%オフ。

セール価格を考えるとアリですね!

 

ディッキーズ/874

http://zozo.jp/shop/journalstandard/goods-sale/19737821/

アメリカのワークカジュアルブランド「ディッキーズ」

その中でも874はベーシック且つ完成形なアイテムであるとも言えるパンツです。

今回紹介しているアイテムはその874を少しだけカスタムした物。

Power Productsと言われる超撥水加工を施した生地は防水性もさることながら、通気性も備えたアイテムに。

20回以上洗濯しても品質が落ちない事も特徴です。

 

価格が約9,000円の50%オフ。

ベーシックで質がグレードアップしたアイテムをこの価格でゲットできるのはかなり意味あるかと。

在庫も豊富にあったのでおすすめです。

 

journal standard TRISECT-2/半袖シャツ

http://zozo.jp/shop/journalstandard/goods-sale/20033739/?did=38868970

ジャーナルスタンダードのラインのひとつ「トライセクト2」

上品なアイテム・そしてトレンドに寄り添ったデザインがあげられるこのライン。

通常のラインにはない物の良さを感じます。

 

しかしながら、都内とショップでも売れ残りが多い印象が否めず、良いアイテムなのに売れ行きはよくないんだろうなぁと思ってたんですよね。

そして、案の定ファミリーセールで大量の在庫を発見したのでやっぱりかと。

いい物が売れるとは限らないのが服と言う物でもありますからね。

 

そんな勿体ないと思えるブランドなんですが、セールで大幅に安くなってくれているのなら買わない手はないかと。

 

このシャツも質感の良いリヨセルで今年っぽい落ち感のある半そでシャツになっています。

白い糸を使っているので、少しワークっぽさもある面白いデザインでもありますね。

 

これが約18,000円の60%オフに。

ゾゾでの割引より10%高くなっているので、ファミリーセールで購入することに意味のあるアイテムですね!

 

今回僕が購入した物

では続いて僕が今回購入したアイテムを紹介。

2着だけですが、デザインで選んで購入しました。

 

WISM/プリントTシャツ・プリントスウェット

東京のトラッド・ストリートをベースにトレンドも存分に含んだアイテムを展開する「WISM」

あまり買わないブランドではあったのですが、最近はオーバーサイズ気味のトップスを集めまくっているのでビッグサイズなデザインとグラフィックが気にって購入しました。

商品番号で調べてもネットで出てこなかったので、リンクなくてすいません。(多分去年の物かな)

 

アートワークにおいて世界から注目を集める「sneaker wolf」氏が「wism」とコラボしたライン「Kentish」のアイテムで、ストリート感がありつつ独特の世界観が面白い物になっています。

 

スウェットはミッ〇ーのいかれ具合がツボでした。

ロンTはストリートの系譜と言える腕プリントのアイテムを今まで持っておらず、デザインもシンプルで気に入ったのでこちらを選択。

両方で13,000円の60%オフ。6,000円程度でした。

 

秋からバシバシ使っていこうかと思っています!!

 

終わりに

以上になります。

 

開店初日に店舗に行き、できるだけ早く記事を書いて皆さんのお役に立てればと思ったのですが、思ったより紹介するものが多くこのスピードが限界でした。

今回は参考にしにくいかもしれませんが、次回の参考にしていただければと。(年2回開催されてます)

 

さて、前回に比べて買った物は少なかったのですが、良品が多い印象がありました!

個人的に狙っていたのは前回サイズがなくて断念した「APCのプチスタンダード」

今回サイズはあったのですが、濃紺の物がなかったので諦めちゃった感じです。

 

ベイクルーズ側の大量在庫処分とも思える商品もありますが、ほぼ最安であることに変わりはないのでここで買っておくのが一番安く買える方法でしょう。

これで売れ残ったアイテムが次にアウトレットに流れるんだと思います。

 

アウトレットよりもいい物があり、値段も同じだと思っていいでしょう。

 

それでは、以上になりますが、ファミリーセールでの参考にしていただければと思います!

ではまた!!

-服の買い方
-, , , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.