ファッションの考え方

オシャレな人は知っている似合うファッションと似合わないファッション

更新日:

自己満という言葉がありますが、ファッションにおいてそれは時々議論になる言葉です。

というい事で今回、

自分に似合う似合わないファッション、コーディネートについて共有していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

オシャレは作れるが似合う似合わないは存在する

このブログではオシャレは作ることができる物、と散々言ってはいるのですが、

オシャレに作るのが難しい、似合いにくいファッションというのは存在します。

 

それはどういうことかと言うと、標準体型の人と太い人とではどちらもオシャレをすることは可能です。

 

しかしながら、既製服というのは標準体型を基本にして作ってある物が多く、

体型が標準から離れるほど似合わない服が増えてくるんですね。

 

もちろん着こなし次第ではどうにかなるものはあるのですが・・・。

 

 

筋肉質な人はタンクトップだけでもカッコよく見えるでしょうが、

贅肉たっぷりの人がタンクトップだけだと途端にカッコ悪くなります。

 

そういった意味での似あう似合わないはどうしても存在してしまうんですね。

 

またアメリカ人がアメカジのファッションをするのはオシャレに見えますが、

日本人がもろにアメカジのファッションをすると途端に子供っぽく見えてしまうこともあります。

 

アメリカ人は身長が高く、骨格がしっかりした体型の人が多いです。

そういった体型は一般的に「スタイルがいい」「大人っぽい体型」と捉えられています。

 

そんな大人ッぽい体型なので、あえてカジュアルな服を着てバランスを取っているんですね。

 

それに比べて日本人は子供っぽい体型ですから、アメカジファッションではバランスを取ることができないんです。

 

似合うファッションの探し方

もちろん、

 

似合うファッションというのは絶対に存在します。

 

髪形・肌の色・体型から似合うファッションというのは導き出されますが、その人の内面にも「合うファッション」というのはもちろんあります。

 

 

また、似合うというのは他人からの客観的意見であり、自分の意見ではありません。

よって、似合うというのは他人から決められるものなんです。

 

そして、似合うファッションと言うのは自分が色々な服を着て行く中で、他人に褒められたり、憧れられたりすることで、少しずつ分かってきます。

 

そういった過程で、自分の似合うファッションを探していくものだと思っています。

 

自己満ファッションを否定する気はサラサラないですが、他人の意見を聞くというのはとっても大事なことだと思ってください。

 

すべて真に受ける必要もないでのすが、それが客観的と言うものなんですね。

 

まとめ

客観的意見を求めすぎるとファッションが分からなくなってしまう時はありますが、客観的意見と自分の考えを融合しながらファッションを楽しんでいってください。

 

そうすることで、本当に自分に合ったオシャレなファッションを見つけることできますから!

 

たまに自己満ファッションをするもの楽しいですけどね(笑)

 

以上になります。

参考になれば幸いです!

それでは!!

 

-ファッションの考え方
-, ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.