ファッションのコツ

身長が低いとロングコートは似合わないは本当!?160cm代、メンズのロングコートの着こなし!

更新日:

街を歩いていると颯爽とロングコートをなびかせて歩く高身長の方々・・・

160㎝代の身長の低い自分はこんな颯爽感は出ないんだろうなと思ってはいませんか?

今日はそんな自分の身長に悩むメンズにロングコートについて解説したいと思います!

スポンサーリンク

 

身長が低くて似合わないは嘘

 

まず言いたいのは「身長が低い人はロングコートが似合わない」というのは完全に間違いです。

 

もちろん着こなしが悪ければオシャレに見えるどころかダサく見えてしまいます。

そのダサさが顕著に出てしまうのがロングコートなんですね。

 

そして、身長が低い人はロングコートは敷居が高いと思って着こなそうともしない方も多いんです。

 

ですが良く考えてみて下さい。

レディースでロングコートを着ている人って多いですよね?

もちろん女性の方が身長は平均的に低いはずなのにです。

これはどういう事なのか。

 

それは着こなしのコツが分かっていることに他なりません。

 

身長が低い人でも考えて着こなせば綺麗に着こなすことができるんです。

 

ロングコートのコーディネートのコツ

上でも言ったようにロングコートの着こなしにはコツがいります。

コツなので絶対にしなければならないと言うものではありませんが、やった方がサマになること間違いなしです。

 

スタイルを良く見せる事を意識する

まず考えて欲しいのは、なぜ身長が高い人はロングコートが似合うのか。

それは身長が高い事でスタイルが良く見えるからです。

まぁ正しくは、良く見えるというより、本当に良いんですが・・・

 

スタイルが良いというのは、モデルの様な体型のことです。

8頭身などと言う言葉がある通り頭と体の対比で決まります。

 

それともう1つが足と胴体の長さの比較ですね。

この2つがスタイルの良さを作り出すと思ってもらえれば良いでしょう。

ですので、この自分のスタイルを良い方向に持っていくことが結果的にロングコートを上手く着こなすコツに繋がるんですね!

 

さて、それではスタイルを良く見せる方法を3つ紹介します。

 

足を長く見せる

足を長く見せる事で、頭と体の対比も変わり、尚且つ上半身と下半身の対比も変わります。

スタイルを良く見せる上で一番大切な要素と言っていいでしょう。

 

腰位置を誤魔化す

腰位置を誤魔化すことで上半身と下半身の対比を見えなくする事ができます。

もちろん下半身を長く見せる事が大切ですよ!

 

頭を小さく見せる

まずは頭を小さく見せることです。

頭を小さくする事はできませんが、小さく見せる事は可能なんです。

その方法は下の具体的な着こなしで書いていきます。

 

具体的な着こなし

さて、上でスタイルを良く見せる方法を書きましたが、ここで具体的な着こなしを見ていきたいと思います。

 

ボトムスを細く

tumblr_mbjrn5qspt1qc57bvo1_500-310x4651

photo by http://www.neqwsnet-japan.info/?cat=268

 

ボトムスを細くする事で、足を長く見せる事もでき尚且つYラインシルエットを作りスタイルを良く見せることができます。

Yラインシルエットとはトップスが大きくボトムスが細いシルエットのことを言います。

スタイルがよく見えるシルエットなんですね!

体の形が英語のYと言う文字に見えると言う理由からこの名前がついているそうです。

photo by http://street-fashion-snap.com/

黒のスキニーデニムなどがロングコートに合わせる王道アイテムとして知られていますが、細身に見えるものならスラックスなどでもいいでしょう。

 

腰位置をごまかす

腰位置は実際に変える事が出来ないので、誤魔化すことにしましょう。

 

誤魔化すと聞いて、嫌なイメージが先行してしまうかもしれませんが、誤魔化しというのはファッションでは常です。

サングラスをしている人がカッコよく、いかつく見える事があると思いますが、案外サングラスを取るとつぶらな瞳だったりします。

これも誤魔化しの一種なんですね。

py10-01

photo by http://item.rakuten.co.jp/sunhat/10015124/

 

という事で誤魔化せる物はどんどん誤魔化していきましょう。

話を戻して腰位置についてですごが、いくつか誤魔化せる方法があります。

 

1つはトップスとボトムスを同色の物にすることです。

こうする事でトップスとボトムスの境目が分からなくなり誤魔化しが効くんですね。

特にダークトーンだとより分かりにくいです。

 

20555708226_b6680475fb_o1

photo by http://fashionsnap-freaks.net/2015/08/15/photo-6786/

 

2つ目はロング丈のトップスを持ってくる事です。

股下くらいのロング丈が理想でしょう。

そうする事で腰の位置をトップスで隠す事が出来ます。

 

ここまで見て、隠す事で良く見えるの?

サングラスはいかつく見えてしまうじゃん!

という事を考える人がいるかもしれません。

もちろんそう思うのは普通ですが、例に出してみますと、マスクをした歯科助手さんってみんな美人に見えませんか?

それはなぜかというと、脳が良い方に見せようとするからなんですね。

それと女子が小顔に見せようとする時、アゴ周りを髪で隠したりしますよね。

それらと一緒で隠せば良く見せる事ができるんです。

 

頭・顔を小さく見せる

身長が高い人でも頭が大きいと案外スタイルが悪く見えてしまいます。

そこで顔まわりな小物などを持ってくる事で、無理やり小さく見せてやりましょう。

これは女子が顔まわりに髪を持ってくるのと同じ誤魔化し方です。

 

mobile_picture1

photo by http://girlschannel.net/topics/249374/

 

こんな感じに隠せるように、アイテムを使って表現します。

顔まわりに持ってくるアイテムと言えば、マフラー・ストールですよね!

これをロングコートと同時に使う事で小顔に見せる事が可能です。

ロングコートを着こなす上で細身のボトムスにつぐ鉄板アイテムです。

51l5nagkql1

photo by https://jooy.jp/13529

 

上の画像はスヌードですがこのように大判の物を巻くことで小顔効果につかえるでしょう。

 

リュックを使う

コートを着こなすうえで細身のボトムスが必殺技。マフラー・ストールが奥義だとしたら、リュックは秘奥義でしょう。(笑)

リュックを使う事でYラインシルエットが加速し、尚且つ上に視線を上に持ってくる事で、身長を誤魔化す事が出来ます。

なんだったら細身のボトムスとマフラー・ストールとリュックを持ってくればロングコートに置いて殆ど隙はないでしょう。

mig1

photo by http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1755

 

上の画像は襟を立てることでストール・マフラーと同じような小顔効果を生んでいます。

 

スポンサーリンク

 

上級者向けのロングコートの着こなし

ここからは、普通のロングコートの着こなしではなく、上級者的なロングコートの着こなしについてみていきたいと思います。

 

トレンドのワイドパンツを取り入れる

最近トレンドでもあるワイドパンツを使ったゆる~いコーディネートです。

ロングコートに細いボトムスが鉄則なのですが、そこを太いボトムスを使ったコーディネートなので難易度がグッと上がってしまいます。

もちろん、やっては駄目な着こなしではありません。

トレンドライクに着こなせるので、オススメな着こなしです。

 

そこで気を付けて欲しいことを1つだけ言っておきます。

それは腰位置をごまかす。ということです。

上でも言ったことなんですが、ワイドパンツの着こなしをする上ではより大切になってきます。

 

coordinate-widepants-coat-jacket02_r1

photo by http://fululuri.net/coordinate-widepants-coat-jacket13/

 

何も考えなしにコーディネートすると、身長が高い人でもスタイルが悪く見えてしまう難しい着こなしです。

レディースの方はこのロングコート+ワイドパンツをうまく着こなしている人が多いですが、やっぱり腰位置をごまかしています。

original2

photo by http://mery.jp/164734

 

レディースはこんな風におへそくらいにパンツの履き口を持ってくることで足長に見せてコーディネートする人が多く見られます。

メンズでもこういった着こなしでいいのですが、オススメなのがトップスとボトムスを同色にして、腰位置がどこか分からなくする方法です。

こうすることで、ワイドパンツを使っても様に見えるコーディネートをすることが可能でしょう。

 

マフラー・ストールを巻かずにたらす

マフラー・ストールは巻くものだと決めつけてはいけません。

首にかけてたらす事で、また違った印象を作ることが可能です

 

tumblr_ncbpzr0tcw1r2nhquo1_5001

photo by http://fashionsnap-freaks.net/2014/11/04/photo-3354/

 

こういった着こなしにすることで、同じロングコートを使っていても全く印象の違うコーディネートになるでしょう。

 

着こなしやすいロングコートの種類

ロングコートと聞いて、チェスターコートやステンカラーコート、モッズコートなど色々な種類のコートを思い浮かべるかと思います。

 

そこで着こなしやすいロングコートなんですが、ステンカラーコートがベストです。

他がダメと言っているわけではありませんが、着こなしの種類も増えるのがステンカラーコートだという事です。

 

モッズコートはフードがあるせいで首周りにかなり印象があるので、小顔効果には期待できます。

 

しかしながら、ストールをまいたりしてしまうとごちゃごちゃしすぎて、まとまらないので、ストールは使えません。

そして、モッズコートとワイドパンツは着こなしが特に難しいです。

 

チェスターコートは逆に顔周りに印象がなさ過ぎて、ハイネックのインナーやストールなどを合わせないと様になりにくいです。

 

そんなことからも着こなしやすさで考えたらステンカラーコートがいいというわけです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

参考になる部分が少しでもあったなら幸いです。

私も低身長だからとロングコートを敬遠していた時期もありますが、今では秋冬の半分をロングコートで過ごしています。

 

まだ挑戦したことのない方は最少は見慣れないせいで、様になってないように感じるかもしれませんが、慣れも肝心です。

 

新しいことに挑戦することで、いろんな着こなしができるようになるので、ぜひ臆せずに上のコツを読んで実践してみて下さい。

 

それとレディースの方を参考にしてみると新たな発見があるかと思いますよ!

それでは!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ファッションのコツ
-, , , , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.