ドメスティックブランド ボトムス

派手すぎ!?Kolorの光沢感ありすぎる永久チンツ加工パンツを購入!

更新日:

形がいい、デザイン良い、素材が良い。色々な基準から買う服を選ぶかと思いますが、今回購入したデザイナーズブランド「kolor」のパンツはどこが良いのか。

その辺りを突き詰めながら紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

 

「kolor」の永久チンツ加工パンツ

今回購入したのがこちらの永久チンツ加工と言う物を施したパンツです。

写真で見てもその光沢感がきちんと伝わるほどの加工が施されています。

 

その雰囲気はまるでレザーのパンツ。

触ってみるとレザーではないと分かるのですが、何人からレザーパンツだと勘違いされたことか。

 

コチラ生産から数年は立っているのですが、その光沢は健在。

それでこそ永久と呼ばれる名前が付けられている証ですね。

 

本来、チンツ加工と呼ばれるものは、ロウ引きなどで艶を出す加工なのですが、それだけでは洗濯によって徐々に光沢が失われていきます。

 

素材の魔術師と呼ばれる阿部潤一氏の作り出すパンツは、そのチンツ加工に、さらに樹脂のコーディングを乗せて、半永久的に光沢を持たせたアイテムとなっているんです。

 

この永久チンツ加工と呼ばれる特殊な作りはこのブランドでしか知りません。

こういった唯一無二な作りやデザイン性こそがデザイナーズのアイテムを買うべき理由なのではないでしょうか。

 

また、「kolor」の特出すべきところは、ただ素材がすごいといった所だけではありません。

こちら、実際に履いてみると理解できるのですが、何ともシルエットが綺麗に出る形をしているんですね。

デザイナーズを真似たようなブランドだと素材だけ派手にしてみたようなアイテムも見受けられますが、そこはさすが「kolor」。

シルエットの綺麗さもおろそかにはしておりません。

派手さがありながらも綺麗なシルエットなので、リアルクローズとして多少落とし込みやすいように作ってあります。

 

また、個人的に「kolor」は好きなブランドのひとつ。

プロパー(定価)で購入した事はないのですが、古着屋などでも常にチェックはしているんですよ!

このパンツも見つけた時は即決でしたからね!

 

古着屋での価格は13,000円くらい。

また調べてみると、新品での定価が25000円程でした。

そこから分かるのが、思ったよりも価格が落ちていないという事。

状態の綺麗さもありますが、2013年の物としても半額ほどしか下がっていないので、古着相場としては高い方のアイテムでしょうね。(お店の値付けが高いというパターンもありますが。)

 

アップで見るとその光沢感がより伝わります。

縦にシワが入った部分がより革感を引き立たせるんですね。

 

肌触りはなめらかでツルツルとした素材感、そしてきちんとセンタープレスも入ったデザインとなっております。

子の光沢感さえなければ、一般的なドレスパンツのデザインと言えるでしょう。

また、実は中綿もはいっており、真冬でも温かく履けるパンツにもなっているんですね。

秋冬のアイテムだけあって、機能性もばっちりです!

 

勿論お尻部分もつるつる。

古着でしたが、バックもチンツ加工が廃れることなく綺麗な状態でした。

 

全体的に新品に近い状態でしたね。

 

kolorは製品タグから年代を読み取ることができるのですが、コチラのパンツは2013年秋冬のアイテムになります。

読み取る部分は、kolorと書いてる部分の下にある数字「13WCW-P12112」です。

その一番左の数字が年代で、その右のWがウィンター、つまり冬と言う意味ですね。

また、この数字をすべて打ち込むことでネットでアイテムを検索することが可能です。

 

http://store.tiurf.jp/products/detail.php?product_id=7235

そして、このパンツは2013AWの実際のコレクションでも使われていた物。

光沢感があるのも伝わるかと思いますが、やはりシルエットの綺麗さが抜きんでているのが分かるでしょうか。

コレクションで使われていた色はブラックですが、コチラの方が革感っぽさが強めですね。

 

終わりに

以上、簡単でしたが、購入したkolorのパンツについて紹介させていただきました!

やはり、デザイナーズを買うならこういったどこか他のブランドと違ったひねりのアイテムが欲しくなりますよね。

「こんな派手なの着れないよ!」

と思う方もいるかもしれませんが、意外と履いてみると普通に行ける物ですよ!

それがデザイナーズの良さで合ったりもしますし。

 

もちろん履いていく場所は多少制限されるかもしれませんが、オシャレな人との集まり(僕ならお店で)などで着て行くといいでしょう!

 

それがオシャレな服を着て行く楽しさでもありますから!

もしブランド名を聞かれたらこっちのもの!

「どこどこのブランドの何年のコレクションで出ていた物ですよ!」

ってウンチク言っちゃいましょう!(笑)

相手も考えて服選びしているんだなぁと思ってくれると思いますよ!

 

それでは以上になりますが、アイテム選びの参考になれば幸です!

それではまた。

-ドメスティックブランド, ボトムス
-, , , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.