ジャケット・アウター

管理人所有のデニムジャケットを紹介!アタッチメント・サイベーシック・ジョンアンダーカバー

投稿日:

当ブログの管理人「服スケ」の持っているデニムジャケット3点をご紹介!

デニムジャケットはたくさんのブランドから出ているのでアイテム選びで悩むことが多いカテゴリーだと思うので、何かいい物がないかと探している方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

メンズのベーシックアイテム「デニムジャケット」

誰もが持っているとも言えるのがデニムジャケットだと思いますが、今回は僕が持っている3つのデニムジャケットを紹介します!

拘りぬいた!とまでは言いませんが、好きな物を選んで買っている僕のデニムジャケットを見ていただきたいと思います。

 

ATTACHMENT(アタッチメント)

サンプルセールで手に入れたアタッチメントの加工デニムジャケット。

使い古したようなヴィンテージ感漂うダメージが最高の一着です。

サンプル品のためLサイズを購入したのですが、サイズが合わず、野暮ったさが全開でした。

そのため袖丈だけお直ししたのですが、野暮ったさは抜けず。

良いデニムジャケットなんですが、真冬のアウターのレイヤード用に使用することが多いですね。

 

裏側もいい感じに加工されており、背中で語れるデニムジャケットといった雰囲気に。

 

胸ポケットあたりをアップするとこんな感じ。

きちんとあたりが出る部分を加工しているので、嘘くささが全くありません。

 

袖先もきちんとダメージ加工が入っています。

 

こちらがサンプルセール品の証!

これが良いのか悪いのかは別として、サンプル品でしか見ることができないタグですね。

たまーに古着屋などで見かけることがありますが、正規品よりも少しだけ価格帯低めです。

 

JohnUNDERCOVER(ジョンアンダーカバー)

「UNDERCOVER」のセカンドラインである「JohnUNDERCOVER」のライナー付きデニムジャケット。

取り外し可能なライナーの色がビビットなブルーカラーでなんとも粋!

ブラックデニムとブルーの相性は抜群です。

年末年始のセールで購入したのですが、セールでなくとも欲しくなっていたデニムジャケットでしょう。

 

インナーだけでなく、いたるところにブルーのテーピングが仕込まれています。

 

腕をまくればブルーがお目見え。

ベーシックと言うよりもアンダーカバーらしく面白いデザインが入った物ですね。

ですが、このブルーのテーピング以外はいたってベーシックなのが使い勝手の良さでしょう。

 

前を開けるとこのように目を見はるブルーカラーとなっています。

これがちらりと見えるのがオシャレに決まる理由ですよね。

ジャケットを脱いだ時こそ目立つんですよ。

 

取り外しできるインナーは、中綿が詰まったインナーダウンになっていますが、着ぶくれするこなく着ることができます。

インナーダウンを装着した状態がベストのサイズにしているという理由もありますが、インナーを取り外してもベストなサイズ感で着られていると思います。

 

襟の裏部分までブルーのテーピングが施されていますが、こいつに限っては襟立てで使う事がないので、こいつが見られることは一生ないかもしれませんね。(だがそれがいい・・・)

 

SCYE BASICS(サイベーシック)

最近購入した「サイベーシック」の定番デニムジャケット。

物自体は2016AWと去年のアイテムですが、ベーシックな作りなのでいつまでも色あせないデザインとなっています。

特徴的なのが襟が着脱式で、ノーカラーのデニムジャケットとしても使う事が出来、着こなしの幅を広げることが可能です。

洗い加工もされていないデニムなので表情が少なく、上品さを感じる生地感。

今日はカッチリした着こなしがしたいと思った時にこそ出番が来るデニムジャケットですね。

 

腕部分が立体裁断になっており、腕周りがストレスフリーで動かせる作りになっているんだとか。

確かに他デニムジャケットよりも窮屈感がありません。

 

取り外しできるカラーはこのようになっています。

普段は見えない仕様ですね。

 

ノーカラーにするとこのような見た目に。

襟がない分、どこかカジュアルな印象が増します。

ドレスライクな白シャツと合わせて着たいですね。

 

襟を外した部分のジップが目立たないようにブラウンのレザーを首周りに使用しています。

これ以前のモデルはジップ部分がモロに見えてしまい、ノーカラーで使用する人が少なかったそう。

そのため、このようなグレードアップをしたらしいです。

 

袖もしっかり細めで、すっきりとした腕周りを演出してくれます。

 

正直このタグを留めている後ろの縫い目は少し気になりますが、タグをはずしたくはない。

なやみますが、多分このままで使い続けるといずれは愛しく感じる縫い目になることを期待しています。(笑)

 

終わりに

以上簡単にですが、僕が所有している3つのデニムジャケットを紹介させていただきました。

まだまだ使用し始めて日が浅いので、自分の体と馴染んでない物ばかりです。(サイベーシックにいたってはまだ着て出かけていません。)

 

それでもこれから着て行くにつれて自分仕様のデニムジャケットになってくれるかと思うと心躍ります。

 

今年の秋冬は思いっきりデニムジャケットを楽しむ年にしていきたい。

持っているデニムジャケットを見つめていると、改めてそう思いました。

 

では、以上になりますが、デニムジャケットを選ぶ時の参考になれば幸いです!

それではまた。

-ジャケット・アウター
-, , ,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.