ファッションのコツ

ファッション初心者が避けるべきオシャレ過ぎるファッションとは?

更新日:

ファッション初心者の時期って、どんな着こなしがオシャレなのか、そしてどんなファッションがダサいのかが分からないんですよね。

また、ファッション上級者だからこそオシャレに見える着こなしやアイテムもあったりするんです。

今回はそんな、初心者が避けるべきファッションについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

こんにちは!

上京ファッションブロガーの「服スケ(@hukusukeblog)」です!

今回は初心者が避けた方が良いファッションについて!

 

僕はファッション好きとしてはかなり遅咲きの方。

20代を超えてから服が好きになったので、子供の頃からオシャレだったようなナチュラルボーンオシャレさんとはまた違った過程でファッションを学んで来ていると思います。

その過程の中で、どうもファッション初心者にはやりすぎに感じる物だったり、逆にダサく感じてしまう着こなしがあると思ってきました。

「雑誌ではカッコよく映っているものの、自分が真似してもどうもしっくりこない。」

「カッコイイと思った着こなしを真似して出かけたら、友だちにダサいと言われる。」

そういった経験を人より多くしてきているのではないかと思っています。

 

ですが、今はその理由も何となくですが捉えられるようになり、ダサいと言われることは減ってきているんですね。

今でもたまに「何それ?(ダサくない?みたいなニュアンス)」って言われますけど、その流し方も同時に学んできましたよ!(笑)

 

ってことで、そんな僕が思うファッション初心者が真似しない方が良い着こなしやアイテムについてお伝えしていきます!

 

ギークトレンド

https://ageha.dunnery.tokyo/

今年からよく聞くようになったトレンドワード「ギークファッション」

これはちょっとダサいオタクみたいなファッションが逆にオシャレなのではないか。

といったトレンドの流れです。

 

「ちょっとダサいのが逆にオシャレ?ふざけんな!!」

って言いたい気持ちは十分に分かります。(僕も昔なら絶対に言ってます。)

 

これは「ノームコア」という普通が逆にオシャレなんじゃね?といったノームコアトレンドの次に来ている物で、ノームコアの逆行と言えるファッションなんですね。

ですから、そもそもノームコアを知っているか、現在のトレンド模様を何となくでも理解していなければ普通にダサいファッションに見えるはずなんです。

 

そういった理由からも、ギークの着こなしの特徴である、片方のシャツ出しだったり、多色使いだったりは、ファッションが好きでもない方から見たらダサく見えてしまう可能性が高いんですね。

 

そもそもトレンドとしてはまだ早い物なので、一般層には受け入れづらい物です。

ファッション初心者の内は特に、服好きも周りには少ないでしょうし、着こなしを理解してくれる方も多くはないでしょう。

そう考えると、初心者である時期から手を出すべきトレンドではないという事です。

 

このトレンドはベーシックな着こなしができるようになり、普通のファッションに飽きた時にするべきだと思います。

僕も今年のトレンドは「ギーク」だよ!

とブログ内で発言してはいますが、ギークトレンドを踏襲しないとオシャレに見えないよ!

と言っているワケではないので、こういった着こなしもある。

と考えてもらえればいいかと思います。

 

保守的なオシャレではなく、前衛的なオシャレだという事を考えて着こなしてもらえればと。

 

ニットの肩かけ

https://otokomaeken.com/mensfashion/5136

ニットの肩掛けって簡単に「オシャレな雰囲気」を醸し出す着こなしではあると思います。

ですが、同時に「オシャレな雰囲気をあからさまに出す着こなし」でもあると考えているんです。

 

メンズファッションにおいて、何気ない着こなしにオシャレさやカッコよさを感じる方は多いはず。

 

何かのパーティーやイベントなどの気合いを入れるべきTPOでは、カッチリオシャレすることに意味はありますが、いかにもオシャレしてますよって雰囲気は初心者がするべきではないと考えます。

 

わざとらしさは、日常の着こなしで出さないことを心がけましょう。

 

ということで、初心者はオシャレ全開ではなく、何気ないオシャレから取り入れていくことをオススメします。

 

襟立て

http://blog.ivory-store.com/2014/04/12/4173/

襟を立てるという行為も実は気を付けた方がいい着こなしです。

その理由は上と同じく、あからさまなやりすぎ感が出てしまうからです。

 

もちろん、襟を立てる着こなしというのは一般的にも受け入れられている面はあるのですが、やはり作為的にも見える行為ではあります。

特に襟が大きいシャツなどは、やりすぎ感が増してしまうので、NGな着こなしにもなるでしょう。

 

まぁ襟の立ち方も肝心なのですが、やりすぎな物やそうでない物のバランス感はファッションを知ることでこそ身につくものかもしれません。

 

ジェンダーレスな着こなし

https://shopping.yahoo.co.jp/matome/article?id=28466

これも最近のトレンドのひとつ。

ジェンダーレスとは男性と女性の垣根を取っ払ったファッションの事で、近年のコレクションブランドではメンズとレディースコレクションを合同で行う所も増えてきました。

この画像のルック、正直僕はとてもオシャレに見えるのですが、見る人によってはメンズがレディースっぽい着こなしをするのには違和感を感じることもあるでしょう。

 

見る人によって大きくとらえ方も変わる着こなしなんです。

 

また、正直似合う似合わないも分かれる着こなしでもあると思います。

 

ファッションブログをやっていて、似合わないファッションがあるとはあまり言いたくはないのですが、個人差ってどうしてもあるんですよね。

ダンディーな方はカッコイイファッションの方が似合うでしょうし、中世的な顔をした方ならジェンダーレスな着こなしがばっちりハマるでしょう。

 

 

ある程度のファッションカテゴリを自分にアジャストすることはできると思いますが、一番ピタリとはまるカテゴリってのもあるはずなんですよね。

 

どんなファッションもオシャレに着こなせるようになるのが、本当にオシャレな人だとは思うのですが、まずは自分が一番似合う物を捜していくというのが、オシャレを極める一番の近道なのではないかと思っています。

 

自分の理想と現実をすり合わせていくことがセンスを磨くということ

以上、ファッション初心者が避けるべき4つの着こなしについてお伝えしました。

今回避けるべきだと書きましたが、絶対にやるなと言ったワケではありません。

 

色々な着こなしに挑戦すること、今後オシャレに成長していく過程としては大変重要な物ですし、なにより、それが似合うという方は必ずいます。

ですが、上で取り上げた物は見る人によってとらえ方が大きく変わる着こなしだとお伝えしたかったんです。

 

最初の内はある一定の層にオシャレと思われるよりも、数多くの人からオシャレだと思われた方が絶対に嬉しいですからね。

万人受けする着こなしが良いというワケではありませんが、どんなファッションが自分に合うのかを理解したうえで、新しいファッションを取り込んでいくのがファッションをより楽しめる方法なのではないかと思います。

 

 

また、僕はいきなりオシャレになる。

と言うのはかなり難しいことだと思っています。

雑誌を見るだで・ブログを読むだけで・人にコーディネートして貰うだけでは本当にオシャレにはなれません。

こういった物を参考にしながら、自分に合った物を見つけていくのがオシャレになれる方法であるはずなんです。

 

自分の理想とするファッションと自分の似合う物をすり合わせることで、少しずつ自分を一番カッコよく演出できるファッションと言うのが見えてくるのではないでしょうか。

 

それでは、以上になりますが、ファッションを磨いていくうえでの参考になれば幸いです。

それではまた。

-ファッションのコツ
-,

Copyright© 服が好きすぎて上京したブロガーが綴る メンズファッションブログ/「ファッションは生き方だ」-Fashion is a way of life- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.